モトローラは2020年も低価格スマホ中心の戦略、Moto G FastとMoto Eが登場

次の記事

Aukeyの非常にコンパクトなGaN採用の100W充電器、サイズはアップル純正の半分

新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延するかなり前から、スマートフォンの売れ行きは落ちていた。そして世界がパンデミックに支配された現在、落ち込みも激しく、最近の数字では前年比12%減の予想となっている(未訳記事)。消費者は1000ドル(約11万円)のデバイスに背を向けているが、低価格のデバイスは一部の市場でしっかり売れている。

Moto G Fast(パールホワイト)

他のメーカーがフラグシップの廉価版のような機種を出してきた中で、Motorolaは100ドル(約1万1000円)のMotorola Edge+や折り畳み式のRazrのリブートを試験的に投入した。どちらも、結果はぱっとしない。とりわけRazrは、その価格と仕上がりが不評だった。しかし今やLenovo(レノボ)傘下となった同社は、低価格スマホが同社の中心的な価値命題であることを知っている。

米国時間6月5日、モトローラの低価格スマホラインに2つの新製品が加わった。気どった名前のMoto G Fastと、それよりずっとシンプルな名前のMoto Eだ。Gシリーズの最新モデルは「AIの処理能力によりパフォーマンスを次のレベルへ上げた」という主張が、名前にある「Fast」の由来になっているらしい。しかし実際に見るまで、ひとまずその言葉を信じるしかないだろう。確かに搭載するSnapdragon 665だけではそれを正当化するには十分ではないし、3GBのメモリーも同様に十分ではない。低価格のスマホであればそれも悪くないが、「Fast」の由来にはならない。

Moto E(ミッドナイトブルー)

Moto G Fastは専用のマクロカメラと1600万画素のカメラを搭載し、後者は暗い場所でもそこそこの写真が撮れそうだ。4000mAhの大きなバッテリーも注目に値する。モトローラは一般的に、そのあたりはケチらない。米国では6月12日に200ドル(約2万2000円)で発売され、米国時間6月5日から予約を受け付けている。

159ドル(約1万7000円)のMoto Eも、同時期に発売される。当然ながらこの大変お買い得なデバイスには、それほど特筆すべきことはない。カメラが2つ、6.2インチのHD+ディスプレイ、3500mAhのバッテリーそしてSnapdragon 632を搭載している。この価格にしては立派なデバイスで、Lenovoはこういった低価格モデルを得意としている。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa