生産者や卸業者をD2C化するPortobelが大盛況、新型コロナ禍2020年4月以降の利用者が3倍に

次の記事

Instacartがショッパーの不満を受けてチップに関するポリシーを変更

Portobel(ポートベル)は、食品の生産者が消費者へ直接配達をサポートできるようにビジネスをシフトするために支援を行っているスタートアップだ。

同社のメイン投資家はHeroic Venturesで、創業者のRanjith Kumaran(ランジス・クマラン)氏は過去に、OpenTextが買収(未訳記事)したファイル共有のHightail、Walmart Labsが買収(未訳記事)したポイント還元のPunchTabを創業している。

クマラン氏によると、彼と共同創業者のTed Everson(テッド・エバーソン)氏とItai Maron(イタイ・マロン)氏は、安価なインターネット接続デバイスを使ってデリバリーのプロセスを改善することを最初の目標にした。乳製品やそ他の生鮮食品の生産者たちとそのテストを始めたとき、顧客たちは「こういう品物をモニターできるのであれば、配達もできないか?」と聞かれるようになった。

そこで2019年に同社は、自社によるデリバリーも始めた。そのためにはもちろん、倉庫やドライバーを管理しなければならない。クマラン氏によると、その工程は「卸売のパレットをD2Cのデリバリーに変えたもののようになった」という。

しかもパンデミックの間は衛生にも配慮し、倉庫の労働者とドライバーにはマスクなどの防御用の装備を身につけさせた。またドライバーは、配達の合間に手を消毒させるようにした。

画像クレジット:Portobel

Portobelは現在、サンフランシスコのベイエリアとロサンゼルスのオレンジ郡で事業を展開している。新型コロナウイルスのパンデミックは同社のサービスに対する需要を拡大させており、2020年4月以降サービスを提供する世帯数は3倍に増えた。

しかしスーパーマーケットは健在だし、今でも利用者は多い。また、スーパーマーケットもオプションで食料品の配達サービスを実施している。そんな状況で、なぜPortobelは成長できたのだろうか?

クマラン氏は、D2Cのモデルの方が生産者と消費者の両方にとってメリットが大きいと考えている。生産者にとっては安定して大量の注文があり、消費者にとっては卸から買うことになるため、欲しいものを何でも購入することができる。

デリバリーに関して、食料品をオンラインで買った場合はそれらが荷造りされて最寄りの店へ配達されると彼らはいう。しかしネットショップの品揃えがどれだけ豊富でも、地元の商店はeコマースの効率的なデリバリーに向けて最適化されていない。「通路が荷物でふさがり、デリバリー業務のための専用スペースがないため、サービスの規模を拡大することもできない。食料品の配達には今後、予測できない機会がいろいろあるが、それらにも対応できない」とクマラン氏はいう。

Portobelの顧客にはサンフランシスコのMoo Cow Marketがいる。Moo Cowの創業者であるAlexandra Mysoor(アレクサンドラ・ミズール)氏は、「パンデミックはリテールに新しい波をもたらし、現在、商業の古い形と新しい形が混在するようになった。そんな状況の中でMoo Cow Marketのような企業は、Portobelなどのおかげで事業を拡大し成長することができる」と声明で語っている。

関連記事:Where top VCs are investing in D2C(上位のVCたちはどんなD2Cに投資しているか、未訳)

画像クレジット:Portobel

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa