ウォルマート傘下の倉庫型大型店がネット販売の店頭受取を全国展開へ 

次の記事

米オーディオ機器メーカーのGradoが大麻繊維のヘッドフォンを発表、価格は約4.5万円

Walmart(ウォルマート)のオンライン食品販売事業は同社のeコマースの売上の成長に大きく貢献(Supermarket News記事)しており、新型コロナウイルスによるパンデミックの間は特に顕著だ。そして同社は今回、傘下のウェアハウス・クラブ(郊外型倉庫型大型店)のチェーン店であるSam’s Club(サムズ・クラブ)の店頭受取サービスを拡張する。米国時間6月10日、S同社は店頭受取サービスであるCurbside Pickupの全国展開を発表。全米597店舗で利用できるようになる。

それまで同社は、店頭受取サービスのパイロット事業を16店舗で展開し、ポジティブな結果を得た。パンデミックによりオンラインの購買者が増え、それ以降Sam’s Clubは全国展開を急いでいた。利用料金は、Plusより上のメンバーなら無料だ。

このサービスを利用するには、Sam’s Clubのメンバーとなり、専用のモバイルアプリから「Pick up in Club」(クラブで買う)とマークされた製品を見つけてオーダーする。そしてチェックアウトの段階で、受け取る時間を指定する。同日受取のオプションも近日中に提供される。店頭受取は親会社のウォルマートの場合と同じで、購入者が指定された場所のどこかに駐車すると、Sam’s Clubの従業員が品物を車に乗せてくれる。

一方、店の従業員はQuick Pickのようなピッカーアプリを使ってオーダーを処理する。

受け取れる時間は、月〜土曜日は午前7時〜午後9時を指定できる。日曜日は午前10時〜午後5時だ。Plusメンバーでなくても一定の時間利用できる。月〜土は午前10時〜午後8時、日曜は午前10時〜午後5時だ。

Sam’s ClubでCOOを務めるLance de la Rosa(ランス・デ・ラ・ロサ)氏は「無料の店頭受取はPlusメンバーの新たな特典だが、現在のような状況ではメンバーの全員が無接触で無料のショッピングサービスを求めている。そのために一時的にこのサービスを全メンバーが利用できるようにして、指定した時間に指定の方法で品物を受け取れるようにしている」と説明する。

もちろん同社の長期計画では、その無料メンバーシップをアップグレードしたうえで、ほかのオンライン食品販売からも顧客を奪う狙いだ。AmazonやInstacart、TargetのShiptのような強敵からも。

新型コロナウイルスのパンデミックの前ですら、オンラインの食料品販売ではウォルマートがAmazonを抜いてトップ(Winsight Grocery Business記事)の消費者お気に入りのネットショップだった。オンラインの食料品販売の無制限デリバリーサービスをWalmart+に改名する(Vox記事)という噂もある。今回Sam’s Clubに店頭受取が加わったことによって、ウォルマートの利用者が選べるショッピングの方法がさらに増えたことになる。

画像クレジット: Scott Olson

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa