+Styleから天気・GPS連動や音声操作に対応した「スマート全自動コーヒーメーカー」が登場、6月25日までは9980円

次の記事

アップルが教育プラットフォームのiTunes Uを2021年に閉鎖へ

ソフトバンググループでIoT家電の開発・販売を手掛けるプラススタイルは6月11日、スマートフォンの専用アプリで音声操作が可能な全自動コーヒーメーカーを発表した。

+Style公式オンラインストアのほか、AmazonPayPayモールで6月25日から出荷を開始する。価格は1万3800円だが、6月25日までに各オンラインストアで予約したユーザーはで9980円で購入できる。劣化しやすい粉ではなく豆挽きから全自動のコーヒーメーカーが、大手メーカーの半額程度の1万円程度で手に入る。なおPayPayモールの場合、Yahoo!プレミアム会員がPayPay残高払いで決済すれば、PayPayで9%(891ポイント)、Tポイントで1%(99ポイント)の合計990円相当が還元されるので実質8990円で手に入れられる。

本製品のコーヒーメーカーとして特徴は、豆のままのコーヒーと水をセットしておけば豆挽き→湯沸かし→蒸らし→ドリップまで全工程を全自動で処理できる点。豆は中挽きで6段階を用意するほか、コーヒー粉も利用可能だ。水は100度に沸騰させるのでなく、コーヒーの抽出に適した90度前後のお湯に調整。蒸らし工程では、コーヒー専門店などと同様に少量のお湯を少しずつなじませる方法を採用する。蒸らし・ドリップ時間は調整可能なので、コーヒー濃度は濃・淡から選べる。

  1. PS-CFE-W_15

  2. PS-CFE-W_16

  3. PS-CFE-W_10

  4. PS-CFE-W_09

  5. PS-CFE-W_11

  6. PS-CFE-W_12

  7. PS-CFE-W_13

  8. PS-CFE-W_14

  9. PS-CFE-W_08

フィルターはステンレス製で、ペーパーフィルターは不要。水はカップ6杯ぶん(トールサイズ2杯ぶん強)に相当する750mlを一度に投入できる。もちろん、水タンクとミル付き容器は取り外して水洗い可能だ。

  1. PS-CFE-W39

  2. PS-CFE-W63

  3. PS-CFE-W38

  4. PS-CFE-W60

  5. PS-CFE-W58

  6. PS-CFE-W57

  7. PS-CFE-W56

  8. PS-CFE-W55

  9. PS-CFE-W54

  10. PS-CFE-W53

  11. PS-CFE-W44

  12. PS-CFE-W43

  13. PS-CFE-W42

+Style製品としての特徴は、スマートフォンの専用アプリで時間や曜日を指定できるのはもちろん、GPSやスマートスピーカーを利用した遠隔操作できる点。天気情報と連動させることも可能で、温度・湿度・天気・日の出・日の入り・風速などの数値や時間をトリガーとして「8時に気温が15度未満の時にオン」などのタイマー設定を作れる。

+Style製品では2020年3月から順次提供を開始しているGPSの連携については、自宅や最寄り駅の半径100m〜1kmの指定範囲に到着すると、コーヒーメーカーをオンにするなどの自動遠隔操作を実現。ほかの+Style製品との連携も可能で、スマートセンサーがドアや窓の開閉を検知したらコーヒーメーカーをオンにするといった操作も設定できる。なお連携できるのは、スマートセンサー(ドア・窓)、スマートセンサー(人感)、スマートセンサー(漏水)、スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)、スマートマルチリモコン、スマートWi-Fiプラグの6製品。対応するWi-Fi規格は、IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz帯のみ)となっている。

さらには、GoogleアシスタントやAmazon Alexaに対応しており、対応するスマートスピーカーでコーヒーメーカーを操作できる。もちろんシーン設定も可能なので「おはよう」と話しかけるだけで、+Style製品のスマート照明などと一緒にコーヒーメーカーをオンにすることもできる。

同社では6月25日までのキャンペーンのほか、「スマートホーム はじめてセット」も用意。

スマートセンサー(ドア・窓)と組み合わせた「寝室ドア連携セット」は4500円引き、スマートLEDシーリング里アドと組み合わせた「寝室ライト連携セット」は6000円引き、スマートマルチリモコンと組み合わせた「リビング連携セット」は5000円引きとなる。

6月11日11時から始まる製品発表会についても随時更新する。

プラススタイルで取締役社長を務める近藤正充氏