スキルマッチングのZehitomoが総額8.2億円を調達、中小企業や個人事業主の集客支援を強化

次の記事

データベースセキュリティのjSonarがゴールドマンサックスから約55億円調達

Zehitomo(ゼヒトモ)は6月11日、シリーズBラウンドで総額8億2000万円の資金調達を完了したことを明らかにした。第三者割当増資による調達で、引受先は以下のとおりでリード投資家はDG Daiwa Ventures。今回調達した資金は、中小企業や個人事業主のオンラインでの集客支援の施策のほか、人材採用に充てる予定だ。

新規引受先

  • DG Daiwa Ventures
  • 環境エネルギー投資
  • 三菱地所
  • PERSOL INNOVATION FUND合同会社
  • エアトリ

既存引受先

  • SMBCベンチャーキャピタル
  • みずほキャピタル
  • Coral Capital(旧500 Startups Japan)
  • DNX Ventures
  • KVP
  • アコード・ベンチャーズ
  • Social Starts
  • ベクトル

写真に向かって左からZehitomoでCOOを務めるジェームズ・マッカーティー氏、CEOを務めるジョーダン・フィッシャー氏

Zehitomoは、カメラマンやヨガ講師から、パーソナルトレーナー、出張シェフ、リフォームや工事事業者まで1000種類以上の職種の事業者と依頼者(一般ユーザー)をマッチングするサービス。同社によると、現在20万社以上の事業者が登録しており、2019年には累計100億円以上の仕事依頼が発生したとのこと。

同サービスの特徴は、事業者が仕事の依頼に対して見積もりを送る際に課金する仕組みを採っており、依頼者からは手数料を取らない点。事業者が見積もりを送る際に課金される金額も平均500円程度で、契約成立後に依頼者から支払われる報酬は事業者が全額を受け取れる。データベースの中から、依頼者が指定した地域や納期、予算や頻度などに合致する事業者を判断し、依頼主に最適な提案を送る「スピードマッチ」機能も特徴の1つだ。

なお、三菱地所が再開発施行者として事業を進めている2021年6月末竣工予定の「東京駅前常盤橋プロジェクトA棟1」に入居する企業の就業者向けサービスについても協業を進めていくという。