MITがカメラを使わずに個人のバイタルサインを遠隔監視する技術を開発、介護施設での活用に期待

次の記事

業務用ChromebookでMicrosoft Officeを含むWindowsアプリを今秋から利用可能に

MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究チームは、対象者のバイタルサイン(生命兆候)を、接触型センサーやウェアラブル機器を使うことなく、周囲にすでに存在する無線信号を使用して観察するシステムを開発している。MITのコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)を拠点とするそのチームは、システムをさらに改善し以前観察した個人を特定し、時間の経過とともに記録するしくみを開発した(CSAILリリース)。個人情報とは一切関連付けないためプライバシーは守られている。

「RF-ReID」と呼ばれる新技術の特徴は、老人ホームや長期介護施設などで共同生活している高齢者を、個人単位で経時観察できる点だ。個人の状態を経時的に観察できることは、基準となる健康状態からの変化を観察、検知する上で極めて重要だ。

医療施設では患者の生命兆候を経時的に観察するためにさまざまな方法を用いているが、深刻な限界に遭遇することがある。カメラはプライバシーへの配慮が十分とはいえず、個人を時間とともに識別する上でも、衣服の違いといった外見のわずかな変化に依存するため限界がある。従来の遠隔監視装置が利用する個人の記憶と一貫性に頼っているのに対して、MIT CSAILのシステムは使用する個人によらず動作する。

開発者によると、RF-ReIDシステムは新た加わった個人の身体的動作を10秒弱見るだけで識別する。体の大きさ、歩く速さと足取りなどを、周囲に存在する無線信号を使って推測する。

システムは個人を特定する情報や履歴を必要としないため、プライバシーが保護された監視システムの基礎となりうるものであり、介護施設で新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が出た場合に、介護福祉士が隔離や検査を行うのにも役立つことが期待できると研究チームは言っている。

画像クレジット:MIT CSAIL

関連記事:MITの小さな人工脳チップがモバイルデバイスにスパコン並みの能力をもたらす可能性

Category:ヘルステック

Tag:マサチューセッツ工科大学

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook