個人が非上場のスタートアップ・ベンチャーに投資できる「イークラウド」サービスとは?

次の記事

MITがカメラを使わずに個人のバイタルサインを遠隔監視する技術を開発、介護施設での活用に期待

イークラウドは6月17日、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える「イークラウド」サービスの投資家登録の受付を開始した。

従来、創業期のベンチャー企業に投資できたのは、エンジェル投資家など一部経営者・資産家に限られていた。これに対してイークラウドでは、個人投資家が創業期ベンチャー企業に投資できるようにしており「株式投資型クラウドファンディング」と名付けている。

1号案件は7月に募集開始予定で、投資家登録を済ませると、案件の事前告知など最新情報を受け取れる。大きく成長する可能性のあるベンチャー企業を案内する予定という。

イークラウド

また同社では、ベンチャーキャピタルでの投資経験者、急成長したベンチャー企業のメンバー、金融機関出身のメンバーで構成。また、スタートアップスタジオを運営するXTech(クロステック)を母体に設立されており、新規事業創出・起業家支援のノウハウを保有しているという。XTechは関連会社を通じ、これまで2年間で約40社のベンチャー企業に対して出資を行ってきたそうだ。

イークラウド

ベンチャー企業発掘のノウハウを持ったプラットフォームとして、イークラウドは個人投資家にプロの目で厳選した有望なベンチャー企業への投資機会を提供するとしている。

関連記事:元サイバー西條氏が率いるXTech、株式投資型クラウドファンディングへ参入

Category:VC / エンジェル

Tag:XTech イークラウド