業務用ChromebookでMicrosoft Officeを含むWindowsアプリを今秋から利用可能に

次の記事

クレジットカード決済のSquareがスペインのP2P決済アプリVerseを買収

macOS上でWindows環境を構築できるホスト型の仮想デスクトップアプリなどを開発するParallels(パラレルズ)は6月17日、Google(グーグル)との協力により、Chrome Enterprise上でMicrosoft Officeを含むWindows アプリケーションの利用が可能になると発表した。動作環境は、エンタープライズ向けのChromebook。

同社が提供しているParallels Remote Application Serverなどの技術を活用して、Windowsアプリの利用が可能になると考えられる。

関連記事:グーグルがPixelスマホとChromebook用の独自チップを準備中か

Category:ソフトウェア

Tag:Parallels Google   Chromebook