ネットサービス
スマテン(企業)
クラウドコンピューティング(用語)
資金調達(用語)

消防設備点検業務クラウドを運営する名古屋拠点のスマテンが総額1.3億円を調達

次の記事

中国のBYDが「電気自動車のCPU」とも呼ばれるIGBTの生産で120億円相当を調達

建物の消防設備点検業務に特化したプラットフォームを運営する名古屋を拠点とするスマテンは6月17日、総額1.3億円の資金を調達した。第三者割当増資による調達で、引受先は環境エネルギー投資。

スマテンは、2018年4月設立のスタートアップ。法令点検でありながら、現状49.8%にとどまっている消防設備点検の実施率を100%にすることをミッションとしており、現在は主に消防設備点検を主軸としたサービス提供している。具体的には、消防設備点検管理業務をウェブ上で完結できる利用料無料のツールを提供。

建物管理者は、パソコンやタブレットなどの端末とネット環境があれば「スマテン」の管理画面から点検や改修を依頼できるほか、各種書類をクラウドに保存可能でき、複数物件を所有している場合の一元管理が容易になる。

一方、消防点検事業者では、点検報告書を自動作成できるほか、不動産管理事業者とのマッチングの機会が得られる。同社は今後、建築設備点検や防火設備点検など、その他の法令点検も取り扱いにも事業を広げていく計画だ。スマテンのパートナー事業者は現在160社超で、サービスエリアは全国的に広げているという。

なお今回スマテンへの投資を決めた環境エネルギー投資は、その名が示すように環境やエネルギーに特化したベンチャーキャピタルで、直近では、スキルシェアサービスのZehitomo、法人向けグリーン電力・ソリューション事業などを進めるクリーンエナジーコネクト、製造から販売までの工程を自社で行い「寝かせ玄米」をD2Cで販売している結わえるなどに出資している。

関連記事:生産性プラットフォーム運営のNotionが個人向け無料アカウントの機能制限を大幅に解除

Category:ネットサービス

Tag:スマテン クラウドコンピューティング 資金調達