Zwift(製品・サービス)

仮想サイクリング環境「Zwift」を長野県こもろ観光局が採用、大規模仮想サイクリングイベント開催へ

次の記事

関心のあるトピックをAIがクラウドから集めてくれるグーグルのKeenは機械学習版のPinterest

長野県小諸市・こもろ観光局は6月22日、域観光振興のための大規模スポーツイベントとして、仮想世界でサイクリストたちが健脚を競える「GRANFOND KOMORO feat. LongRiderStories! Enjoy Ride」の開催を発表した。

参加できるコースは、約100km、約50km、約12kmの3種類。6月27日午後3時から前日祭をYouTubeで配信し、出走は6月28日午前10時から。事前申し込みは不要で、イベント参加費も無料。ただしバーチャルサイクリングのプラットフォーム「Zwift」(ズイフト)の登録利用料、通信環境、自転車や計測機器などは参加者自身が各自負担する必要がある。なおZwiftは、7日間もしくは25kmまでの無償利用が可能だ。開催概要は以下のとおり。

  • 6月27日午後3時:前日祭(小諸市からYouTube配信)
  • 6月28日午前9時45分:開会式中継
  • 6月28日午前10時:出走

Zwiftは、屋内トレーニング用機器(インドアトレーナー、ローラー台)などを取り付けた自転車(ロードバイクやマウンテンバイク)をこぐことで、仮想世界をサイクリングできるプラットフォーム。自転車をこいだ際のパワーや心拍、またサイクルコンピュータなどの計測値などの反応が、Zwift上のアバターにリアルタイムで反映される。また1人で走るだけでなく、同時にアクセスしている世界中のユーザーとの競争なども可能。

こもろ観光局 Zwift

こもろ観光局によると、新型コロナ感染拡大を受け、浅間山麓6市町村が連携し毎年5月に開催していたサイクルイベント「グランフォンドKOMORO」の2020年大会が中止。地域の観光振興は大きな岐路に立たされれているそうだ。

グランフォンドKOMORO

その中で小諸市では、従来の観光催事の復興模索やソーシャル・ディスタンスの確保ができるネットワークを通じたイベント手法の可能性に注目。ブシロードメディア、グランフォンドKOMORO実行委員会、ワイズロード、Zwiftの協力により今回のイベントが実現したという。

またこもろ観光局は、4月からZwift上で8回の仮想グループライドイベントを実施。このイベントだけでも合計で1000人規模が参加するなどの手応えを得ており、6月28日はZwiftのロングライドイベントとしては「国内最大規模となると見込んでいる」とした。

前述のグループライドイベントでは、海外からの参加者もいたため、スポーツを通じた海外へのインバンド訴求の場としての活用も検討している。

関連記事:Boseが音声ARプラットフォームから撤退

カテゴリー:VR / AR / MR

タグ:Zwift