アップルはiPhoneをクルマの鍵に変える、WWDC20で発表

次の記事

【WWDC20速報】アップルがMac搭載CPUをARMベース独自製品「A12Z SoC」に移行

米国時間6月22日にApple(アップル)はWWDCにて、iPhoneで車をコントロールする機能を発表した。まもなくリリースされるソフトウェアアップデートにより、iPhoneは車のロックを解除したり、あるいは標準的なキーのように車を始動できるようになる。もしあなたの車がサポートしていれば、だ。なお、詳細はまだ明らかになっていない。

当面からこの機能をサポートするのは次期BMW 5シリーズだけだ。Apple(アップル)は将来的には、他のメーカーも機能をサポートすることを期待している。

もちろん、セキュリティが最優先だ。アップルは、いわゆるデジタルキーは所有者のiPhoneの安全な領域に保存されると主張している。つまりクラウドには保存されず、ローカルのiPhoneに保存されるのだ。これは、FaceIDやWalletと同じセキュアな隔離された環境だ。

車のキーがiPhoneに追加されると、オーナーはiMessageをつうじて他のiPhoneと鍵を共有できる。共有する際には、所有者はキーの権限を制限することもできる。詳細はまだ不明だが、これにより親がティーンエイジャーへと車の使用を制限することができるようになりそうだ。自動車メーカーは以前から同様のオプションを提供しており、オーナーは運転速度やラジオの音量、その他の機能に上限を設けることができる。アップルの制限の範囲は、現時点では不明だ。

アップルは自動車メーカーと協力して、iPhoneの超広帯域チップ「U1」をこのシステムに統合しようとしている。もしこれが実現すれば、通信範囲は大幅に拡大されるだろう。一方でU1チップがなければ、所有者はスマートフォンを車に近づけ、スマートフォンのNFCチップを読み取ラセル必要がある。アップルはオーナーが車に近づき、バッグから携帯電話を取り出さずにロックを解除する例を示した。

この機能はiOS 14でロールアウトされるが、iOS 13搭載のデバイスにも提供される。

関連記事:WWDC20関連記事まとめ

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple WWDC

[原文へ]

(翻訳:Tsukamoto)