アップルのメッセージアプリでグループ返信とMemojiがアプデ、フェイスカバーも登場

次の記事

【WWDC20速報】アップルが開発者向けイベントWWDC20でmacOS Big Surを発表

米国時間6月22日に開催されたWWDCの基調講演は、いつもよりずっとMemojiが強調されていた。招待状のイラストもMemojiをフィーチャーし、イベント動画のイントロにも登場した。そしてiOS 14のメッセージアプリでも、大きな改良が発表された。

Apple(アップル)によると、メッセージアプリは前年比で40%使用が増加したという。同アプリの最大のアップデートには、特定のメッセージをトップにピン留めして簡単にアクセスできる機能や、グループチャットでメッセージに直接返信できる機能などだ。また、応答している相手にアラートが表示されるようになり、メッセージアプリを使って大規模なグループと連絡を取りあう人にとっては、大きなアップグレードだ。

さらにMemojisに20の新しいヘアスタイルや年齢層が追加され、新たな肌の色やヒゲ、化粧が用意された。また世情を反映したフェイスカバーが追加されており、その中には画像のような外科用マスクも含まれている。それだけでなく昨年のAirPods、メガネ、帽子など、アバター用のアクセサリも追加されている。

関連記事:【随時更新】WWDC20関連記事まとめ

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple WWDC

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter