【WWDC20速報】新iPadOSとApple Pencilで手書き文字認識が可能に、複数言語が混在してもOK

次の記事

iOS 14はホーム画面にウィジェットが来るなど大幅アップデート

WWDC20で披露された新iPadOSには、Scribble、Shape recognition、Smart Select、Data detectors、Scratch to deleteなどの機能も搭載される。これらの機能はアップル純正のスタイラス(デジタルペン)であるApple Pencilで利用可能だ。なお、iPadOS側に搭載される機能なので、Apple Pencil自体を新しいものに買い替える必要はない。

Scribble

Scribble(落書き)機能は、Apple Pencilで書いた文字をテキストデータに変換してくれる。つまり、iPad上で手書き文字の認識が可能になるわけだ。Apple Pencilを使ってiPadで絵を描いている最中に調べ物をしたいという場合に、Apple Pencilでそのままキーワードを手書きすれば検索できて便利。

  1. ApplePencil_4

  2. ApplePencil_5

Smart Select

Apple Pencilで書いた文字をオブジェクトとして認識してくれる機能。具体的には、手書き文字の色をあとから変更することなどが可能だ。

  1. ApplePencil_8

  2. ApplePencil_9

  3. ApplePencil_16

Shape recognition

Apple Pencilで描いた図形や線を認識して清書してくれる機能。丸や四角をキレイな線で自動的に描き直してくれるほか、歪んだ線も綺麗な直線に変えてくれる。

  1. ApplePencil_6

  2. ApplePencil_7

Data detectors

Apple Pencilで描いた住所や電話番号を認識してくれる機能。該当する手書き文字を選んで、地図を開いたり電話をかけたりすることが可能だ。

  1. ApplePencil_16

  2. Apple_Pencil10

  3. ApplePencil_17

Scratch to delete

Apple Pencilで書いた文字の上から取り消し線を書くと消せる機能。間違えて書いた文字を波線などで消すと画面から消去される。

  1. ApplePencil_12

  2. Apple_Pencil11

  3. ApplePencil_15

  4. ApplePencil_14

  5. ApplePencil_13

関連記事:WWDC20関連記事まとめ

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple WWDC iPad