【WWDC20速報】新iPadOSはUI/UXをiPadにさらに最適化、検索機能も大幅強化

次の記事

アップルがAirPods Proに空間音声の機能を追加、WWDC20で発表

アップルは米国時間6月22日、開発向けイベントWWDC20の基調講演で、次期iPadOSの新機能を発表した。先に発表されたiOS14の機能を盛り込みつつ、各アプリの操作画面がiPadで使いやすいように洗練された。WWDCでデベロッパー向けのプレビュー版が配布され、正式バージョンは例年同様に9月ごろになるようだ。

UI/UX最適化

昨年9月にiOSから独立したiPadOSだが、新機能の多くはiOS14に準じる。iPadOSならではの注目ポイントは、ユーザーインターフェースの刷新だ。「写真」「メモ」「ファイル」「カレンダー」「ミュージック」などのアプリがiPadの大きな画面を生かしたレイアウトや操作性に改良されている。

  1. iPadOS_1

  2. iPadOS_2

  3. iPadOS_3

  4. iPadOS_4

  5. iPadOS_5

  6. iPadOS_6

  7. iPadOS_7

  8. iPadOS_8

  9. iPadOS_9

Siri

音声アシスタントのSiriについては、iOS14と同様にホーム画面やアプリの画面に溶け込んだインターフェースになっている。iOS14では画面の下部中央に表示されるSiriのマークが、iPadOSでは右下になるという違いがある。

通話

FaceTimeやSkypeなどの通話機能を備えるアプリを利用する際のインターフェースも刷新された。別アプリを開いている状態で着信があった場合は上部に通知され、そのまま応答することができる。

  1. iPadOS_13

  2. iPadOS_14

検索

新iPadOSにはさまざまな検索機能が加わっている、アプリ画面上からの検索はもちろん、アプリ名を検索して検索窓から起動、人物名を検索して検索窓から発信、ファイルの種類の提示、質問を入力することで結果欄に答えを表示、推測変換などの機能を備える。

  1. iPadOS_16

  2. iPadOS_17

  3. iPadOS_19

  4. iPadOS_20

  5. iPadOS_21

  6. iPadOS_22

  7. iPadOS_23

そのほか基調講演では詳しく触れられなかったが、ARKit4やDepth API、ツールバーなどの新機能も搭載される。

関連記事:WWDC20関連記事まとめ

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple WWDC iPad