【WWDC20速報】watchOS7は文字盤の共有が可能に、新型コロナ対策機能もあり

次の記事

iPadOS 14ではアプリの操作性がmacOSのようになる

アップルは米国時間6月22日、開発向けイベントWWDC20の基調講演で、次期watchOSの新機能を発表した。iOSやiPadOSに比べるとやや小幅なアップデートという印象だ。

文字盤の共有

新watchOSでは、サードパーティーがデザインした文字盤を手軽に自分のApple Watchに着せ替えることが可能になる。サードパーティーは、SwiftUIと呼ばれるユーザーインターフェースデザイン用のプログラミング言語を使って文字盤をデザイン可能だ。

  1. watchOS7_5

  2. watchOS7_6

マップ

「マップ」アプリには、iOS14と同様に自転車向けのルート検索機能が加わっている。勾配などを情報をApple Watchから得られる。そのほか、階段や徒歩でないと進めない道などもガイドしてくれる。

  1. watchOS7_9

  2. watchOS7_10

  3. watchOS7_11

  4. watchOS7_12

  5. watchOS7_13

  6. watchOS7_14

ワークアウト

「ワークアウト」アプリでは、Apple Watchが内蔵する各種センサーの情報から腕や足の位置や負荷のかかり方などを深く解析して、カロリー消費量などをより正確に計算してくれる。

  1. watchOS7_15

  2. watchOS7_16

  3. watchOS7_17

Wind Down

iOSとの連携機能としてはWind Downがある。これは、アラームや音楽再生、HomeKit対応家電の操作といった操作をApple Watchに自動的に適用することで、質の高い睡眠を取ることを支援する機能。就寝時間に近くなると文字盤が変化する。

  1. watchOS7_20

  2. watchOS7_21

  3. watchOS7_22

  4. watchOS7_23

  5. watchOS7_24

  6. watchOS7_25

  7. watchOS7_26

  8. watchOS7_27

Handwashing

新型コロナウイルス対策を意識した機能もある。手に付着したウイルスを手洗いで除去するには20回程度のもみ洗いが必要だが、新しいwatchOSはこの回数を自動的に数えてくれる。

  1. watchOS7_28

  2. watchOS7_30

  3. watchOS7_31

基調講演では詳しく触れられなかったがwatchOS7にはそのほか、翻訳、デバイス上での音声入力などの機能も加わる。

関連記事:本日開催のWWDC20発表まとめ

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple WWDC Apple Watch