BLEでIoT家電を制御できる最新スマートリモコンNature Remo 3が登場、カーテン開閉ロボmornin’ plusと連携

次の記事

たった5分で普通のカメラを高画質のウェブカメラとして設定する方法

Natureは6月24日、同社が開発・販売中のスマートリモコンシリーズの最新版「Nature Remo 3」を発表した。価格は9980円だが、本日から数量限定で特別価格8980円で先行予約を受け付ける。発売(出荷)は7月中旬~8月上旬を予定している。なお実際の操作には、iOS 12.0以上、Android 6.0以上に対応したiPhoneやAndroid端末が別途必要になる。

従来のNature Remoシリーズは、GPSと温度、湿度、照度、人感の各種センサーを搭載するNature Remoと、GPSと温度センサーのみを搭載するNature Remo miniなどがあった。新登場のNature Remo 3は、Nature Remoの赤外線に加えてBluetooth Low Energy(BLE)を搭載した高機能モデルとなる。

デザインも刷新され、従来モデルに比べてコンパクトになったほか、採用部品の見直しやソフトウェアの改良などで各種センサーの精度も向上させている。例えば、照度センサーは急激な光量の変化に即座に対応可能になり、部屋の電気を手動で点けたり、消したりする動作をトリガーとして、テレビやエアコンのオンオフといった、アナログ、デジタルを混在させた自動制御が可能になる。また内蔵するLEDは、蛍の光のような優しい光をイメージして開発を進めたとのこと。

BLEはその名のとおり、低電力で稼働する近距離無線通信の規格で、対応機器同士での各種無線通信が可能だ。具体的には、BLE搭載家電の遠隔操作などを実現する。BLEは赤外線などの光とは異なり指向性がないので、各機器との通信に死角ができくく、部屋の形状の影響を受けずに確実なリモート制御が可能になる。

BLE搭載の第1弾として、ロビットが提供するカーテン自動開閉ロボ「mornin’ plus」(モーニンプラス)」と連携する。mornin’ plusは専用のスマートフォンアプリで、カーテンの開閉やタイマー設定が可能だが、これをNature Remoシリーズの専用スマートフォンアプリ「Nature Remo」で、ほかのIoT家電と一元管理できるようになる。

Nature Remoシリーズは、Amazon Alexa、Googleアシスタント、アップルのSiriを使った音声操作に対応しているので、対応スマートスピーカーを用意すれば、カーテンの開閉も音声で実行可能だ。

またNature Remo 3では、人感センサーの単独利用も可能だ。単独利用によって、何かか近づいたときにセンサーが反応して家電のオンオフなどを制御できるほか、簡易的な防犯センサー代わりになる。具体的には、旅行などで長期不在にする場合に、人感センサーからの通知をオンにしておけば、Nature Remo 3が設置してある部屋へ人などが侵入した場合に通知してくれる。

Nature Remo Eのスマートフォンアプリの操作画面

さらに同社は、各家庭に設置されている電力計であるスマートメーターと連動(Bルート通信)して電力量をリアルタイムに可視化できるIoTデバイス「Nature Remo E」とNature Remoとの連携強化も発表した。従来もNature Remoの専用スマートフォンアプリのRemote上で、Nature Remo Eがスマートメーターから取得した家庭内の消費電力量やソーラーパネルの発電量、蓄電池の容量などをチェックできたが、新たに消費電力量をトリガーとした家電の制御が可能になった。

  1. Nature_Remo_3_03

  2. Nature_Remo_3_04

具体的には「電力使用量が2000Wを超えたらエアコンを自動的にオフ」といったルール設定が可能になる。また、電力消費量が設定値を超えたタイミングでスマートフォンに通知する機能も新搭載する。

関連記事:キングジムのタマゴ型リモコン「Egg」は小さくてコンセント不要、どこにでも置けるカワイイやつだった

カテゴリー:Iot

タグ:Nature ガジェット スマートリモコン