ParallelsがARMアーキテクチャ搭載Macに仮想環境を提供へ、ARM on ARMのWin環境が現実的か

次の記事

「抗議者を脅した」とTwitterが再びトランプ大統領のツイートを非表示に

macOS上でx64(x86)版のWindowsやLinuxなど利用可能にするホスト型の仮想環境「Parallels Desktop」などを開発・販売しているParallelsは、WWDC20のアップルの発表を受け、アップルと協力してARMアーキテクチャを採用するApple Silicon搭載Macにも仮想環境を提供する計画であることを明らかにした。

同社のエンジニアリング・サポート担当シニアバイスプレジデントであるニック・ドブロボルスキー氏はプレスリリースで「Parallelsはこの移行時に、アップルと緊密に連携しており、Apple Siliconを搭載した将来のMacへサポートを提供していくことを楽しみにしています」と述べている。

プレスリリースでは、なんの仮想環境を開発していくのかは明らかにされていないが、常識的に考えればWindowsが動く仮想PC環境を指すと考えられる。となるとWindowsには、インテルやAMDのプロセッサで動作する64ビットのx64版と32ビットのx86版、ARMアーキテクチャ上で動くARM版があり、ARM版のWindows環境であれば元は同じARMアーキテクチャのApple Silicon搭載Mac、つまりARM on ARMを実現するのはハードルが低いと考えられる。

ARM版Windowsは、マイクロソフトの2 in 1 PCであるSurface Pro Xなどに搭載されているOSだ。x86アプリのエミュレーション機能を備えているので、ARM版Windows用アプリはもちろん、32ビットのx86版Windows用(Win32)アプリも動くため、Apple Silicon搭載Macでも十分な処理速度になるだろう。古いWindowsアプリをMacで動かしたいというニーズにも応えられる。

一方で、64ビットのx64版Windowsで動作する最近のアプリをApple Silicon搭載Macで使いたいというニーズを実現するのはハードルが高い。Parallelsがホスト型の仮想環境の開発を計画している場合、ARMアーキテクチャ上で動くmacOS上に、プロセッサのアーキテクチャが異なるx64版のPC環境を構築する必要があるからだ。Parallels Desktopなどのx64 on x64のホスト型仮想環境に比べて処理速度の低下は避けられない。

WWDC20の基調講演のデモでは、Apple Silicon対応させたプロトタイプのParallels DesktopDebian Linux仮想環境を構築し、その上でApacheサーバを稼働させていたが、Debianにはx64版のほか、x86ARM版などさまざまなアーキテクチャに対応しているので、プロトタイプがx64ベースなのか、ARMベースなのかは判別できない。

MacがPowerPCを搭載していたころ、マイクロソフトに買収される前のConnectix(コネクティクス)が開発したVirtual PCというホスト型仮想環境上のWindowsを、ものすごく遅いながらも頑張って使っていた1ユーザーとしては、技術的ロマンを感じるのはもちろんx64 on ARMの仮想環境だ。私だけでなく、当時はVirtual PCのアップデータが配布されると日本からのアクセスが集中してFTPサーバーが落ちたことがあるほど、macOSの仮想環境については日本のユーザーの関心は高かった。とはいえ、早期の市場投入と実用性を考えるとARM on ARMの仮想環境に落ち着くのではないか。

ちなみにVirtual PCはマイクロソフトに買収されたあとの「Microsoft Virtual PC for Mac Version 7」シリーズでPower Mac G5対応を果たし、CPUのアーキテクチャだけでなく、リトルエンディアンとビックエンディアンのバイトオーダーの壁も乗り越えていた(ものすごく遅かったけど)。

詳細はParallelsに問い合わせ中で、追って記事を更新する予定だ。

【2020.06.24 14:30追記】Parallelsからは以下の回答を得られた。詳細は追って明らかにするとのこと。

6月22日のWWDC20キーノートでParallelsの確かな技術力とともに将来のParallels Desktopを皆様にご覧いただき、多くのご関心をお寄せいただきましたこと、大変うれしく思います。

現在、macOS Big SurおよびApple Siliconがまだ正式リリース前であること、その上で動作させたParallels Desktopもまだプロトタイプであること、そしてx86版Windows、Linux、ARM版Windows、Linuxのそれぞれに優位性や制限がありますし、顧客が求める用途や市場性についても、慎重に検討する必要があります。

そのため、現段階では「どちらをベースに開発を進めるか」という質問に対して明確な回答を示すことができません。より具体的にお話できる段階になりましたら改めてお知らせします。

関連記事:業務用ChromebookでMicrosoft Officeを含むWindowsアプリを今秋から利用可能に

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:ParallelsApple