Facebookが古いストーリーをシェアする前にポップアップ警告を表示へ

次の記事

グーグルが「新しいニュース体験」 のコンテンツ提供に向け出版社にライセンス料支払いへ

Facebook(フェイスブック)は米国時間6月25日の木曜日、90日以上前のコンテンツをシェアしようとするとユーザーに警告する通知画面を導入(Facebookリリース)すると発表した。ユーザーには「go back」(戻る)か、あるいは古いことを知りながらストーリーを共有するためにクリックしてスルーする選択肢が与えられる。

フェイスブックは元の文脈から外れてシェアされた古いストーリーが、誤った情報を広める役割を果たしていることを認めた。同社によると「特にニュースパブリッシャー」が古いストーリーがあたかも最新ニュースのように再度シェアされていることに懸念を表明しているという。

「過去数カ月にわたる我々の内部調査では、記事の適時性は人々が何を読み、信用し、シェアするか決定する上で重要な要素だと判明した」と、フィード&ストーリー担当バイスプレジデントを務めるJohn Hegeman(ジョン・ヘゲマン)氏は同社のブログに綴っている。

上の通知画面は、フェイスブックが近年実験してきた他の通知を流用したものだ。昨年Instagram(インスタグラム)は、攻撃的または不快なコメントを共有しようとするユーザーを思いとどまらせるためのポップアップ通知を導入し、フェイスブックと同様のオプションを提供した。同社によると、初期の実験の結果はユーザーの行動を改善する可能性を示したという。

新機能を発表するブログ記事ではフェイスブックは、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する投稿に対してリンク付きのコンテキストを提供し、公衆衛生リソースに向けてユーザーを誘導するポップアップなど、誤情報を減らすために他の種類の通知画面を検討していると述べた。

関連記事:Facebook Messengerがアカウントの個人・法人切り替え機能を追加、顧客対応を迅速化

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Facebook SNS

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter