Lululemon / ルルレモン(企業)

Lululemonが新型コロナで需要が高まるホームフィットネス用の鏡を販売するMirror買収へ

次の記事

NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

Lululemon(ルルレモン)は米国6月29日、ホームエクササイズのスタートアップであるMirror(ミラー)を5億ドル(約540億円)で買収する計画を発表した(Business Wire記事)。フィットネスアパレルのLululemonは、今会計年度第2四半期末までに買収を完結させるつもりだとプレスリリースに記している。

この買収は、在宅ワークアウトのソリューションに対して大きな需要がある中で行われる。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、世界中ででワークアウトの選択肢が大きく制限されるようになり、現在も続くジム閉鎖でこの問題は長引いている。たとえ各都市でジムが再オープンし始めても、新型コロナの感染が広がっている限り、多くの人がリスクが高いと思われる密室空間に戻ることに躊躇するだろう。

関連記事:Fitness startup Mirror nears $300M valuation with fresh funding(未訳記事)

「2019年に我々は人々が汗をかいて、成長し、コネクトすることを通じてスウェットライフを過ごすようたきつける実験的なブランドになるビジョンの詳細を語った」とLululemonのCEOであるCalvin McDonald(カルヴァン・マクドナルド)氏はプレスリリースで述べた。「Mirrorの買収はそうしたビジョンに基づいて構築する素晴らしい機会であり、我々のデジタルでインタラクティブな能力を推進し、スウェットライフの根を張るものとなる。パーソナライズされた在宅フィットネスの成長を促進するためにBrynn Putnam(ブリン・プットナム)氏、そしてMirrorのチームから学びつつともに働くことを楽しみにしている」。

両社は、LululemonがMirrorの投資家となった2019年後半から関係がある。ガイド付きのワークアウト用ミラーを1495ドル(約16万円)で販売するニューヨーク拠点のMirrorのシリーズBラウンドでLululemonが3400万ドル(約37億円)を出資し、Mirrorのバリュエーションは3億ドル(約320億円)近くになった。MirrorはこれまでにPoint72 Ventures、Spark Capital、First Round Capital、Lerer Hippeau、BoxGroupなどの投資家から7480万ドル(約80億円)を調達した。 Karlie Kloss(カーリー・クロス)氏と、Creative Agency創業者のKevin Huvane(ケヴィン・フベイン)氏も同社に出資している。

Mirrorは広く人気を集めているPeloton(ペロトン)のコネクテッドマシーンの代わりの選択肢として多くの人に考えられている。TonalやTempoなどコネクテッドフィットネス分野では激しい競争が展開されているが、Mirrorはその中で先頭を走る存在だ。同社は2018年にTechCrunch Disruptのステージにステルスモードから登場した。

関連記事:筑波大発のAI運動解析スタートアップSportipがオンラインフィットネスサービス「Sportip Meet」の事前登録を開始

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Lululemon 買収 フィットネス

画像クレジット:Steve Jennings / Stringer / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi