YouTubeが極右の著名人たちのチャンネルを停止

次の記事

ディズニー・リサーチがニューラルネットワークを活用した顔交換技術を開発、高解像度映像を作成可能に

YouTubeは米国時間6月29日に、人種差別的なヘイトスピーチで知られ、問題視されている人たちに対抗措置を取り、彼らの主なチャンネルを削除した。

削除したチャンネルは6つ。Richard Spencer(リチャード・スペンサー)氏のチャンネル(SPLC記事)と、National Policy Institute/Radix Journalの提携チャンネル、極右的で人種差別的な似非科学を唱えるStefan Molyneux(ステファン・モリュー)氏のチャンネル(SPLC記事)、白人至上主義の発表媒体であるAmerican Renaissanceとその関連チャンネルのAmRenPodcasts、そして白人至上主義者で元Ku Klux Klan(クークラックスクラン)のリーダーであるDavid Duke(デビッド・デューク)氏のチャンネルとなる。

YouTubeの広報担当者はTechCrunchへの声明で 「YouTube上のヘイトスピーチを禁じる厳しいポリシーがあり、そのポリシーに何度もひどく違反していれば、いかなるチャンネルでも終わらせている。ガイドラインをアップデートして、至上主義的コンテンツへの対応を改善した結果、動画の削除は従来の5倍に急増し、25000あまりのチャンネルを弊社のヘイトスピーチポリシー違反で終了させた」と述べている。

同社によると、それらのチャンネルは外部のヘイトコンテンツへのリンクや法で保護されている集団に対して劣等性を主張することを禁じるルールに違反した。

極右や白人ナショナリストたちに対するYouTubeの最近の大掃除前には、2020年6月初めに行われたProud Boy創業者であるGavin McInnes(ギャビン・マッキネス)氏のアカウント停止がある(Daily Dot記事)。最近アカウントを停止された者の一部は、まだ生きているTwitterアカウントを使って(Twitter投稿)6月29日の午後にYouTubeのチャンネルを失ったことに対して文句を言っている。

関連記事:Facebookがナチのシンボルを使ったトランプ大統領の選挙運動広告を削除

YouTubeが極右アカウントを持つ著名人たちに対して同社のルールを強制した同じ日に、TwitchとRedditもヘイトに関する自分たちのルールに違反したコンテンツに対抗措置を取った。Amazon(アマゾン)が所有するゲームストリーミングサービスであるTwitchは、米国時間6月29日にDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領のアカウントを停止し、1年前と最近のオクラホマ州タルサにおける集会での彼の発言を問題視した。また、何年間もハラスメントや人種差別の抑止の失敗を批判されてきたRedditは、r/The_Donaldをはじめ2000のサブレッディトを一掃すると発表した。r/The_Donaldはヘイトで満ちていることで悪名高く、トランプ大統領はそこで自らの立候補を発表した。

関連記事:Twitchがトランプ大統領のアカウントを停止、Redditも「The_Donald」と関連サブレディットを追放

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa