ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資の中国オンライン学習アプリZuoyebangが約800億円を調達

次の記事

最新のモバイルアプリには変革が必要だ

オンライン学習アプリを運営する北京発のスタートアップ(未訳記事)であるZuoyebangは米国時間6月29日、投資家がアジアの急成長中のEdTech市場への信頼と注目を示す中、新たな資金調達ラウンドで7億5000万ドル(約800億円)を調達したと発表した。

米投資会社のTiger Globalと香港のプライベートエクイティ会社のFountainVest Partnersが、創業6年間のZuoyebangのシリーズE投資ラウンドを主導した。このラウンドには、ソフトバンク・ビジョン・ファンド、Sequoia Capital China、Xiang He Capital、Qatar Investment Authorityなどの既存の投資家も参加し、これまでの同社の資金調達額は13億3000万ドル(約1400億円)となった。

以前報じたように(未訳記事)、Zuoyebangのアプリは幼稚園から12年生までの生徒たちが問題を解き、複雑な概念を理解するのに役立つ。

アプリはオンラインコースを提供してライブレッスンを実施し、学生が問題の写真を撮ってアプリにアップロードし、解答を得ることもできる。Zuoyebangは質問と解答を識別するために人工知能を利用しているという。

Zuoyebangは1億7000万人の月間アクティブユーザーを集めており、そのうち約5000万人が毎日このサービスを利用していると同社は投稿で述べている(WeChat投稿)。このうち、1200万人以上が有料会員だとのことだ(中国教育部リリース)。

今回の発表から、投資家がアジアのオンライン教育セクターに注目していることがわかる。インドのEdTech大手であるByju’sは先週、Mary MeekerのファンドであるBondから新たな資金を獲得したと発表した(未訳記事)。

ソフトバンクは、ここ数四半期で成長を示した88社のスタートアップの中にZuoyebangを含めている。Zuoyebangは2015年にBaidu(バイドゥ)によって設立された。その1年後に同社はZuoyebangを独立したスタートアップとして分社化した。

Zuoyebangは中国で同様のサービスを提供しているYuanfudao(未訳記事)を含む、いくつかのスタートアップと競合している。Yuanfudaoは2020年3月にTencent(テンセント)とHillhouse Capitalが主導する資金調達ラウンドで10億ドル(約1100億円)を調達した(South China Morning Post記事)と発表した。同社の当時の評価額は78億ドル(約8400億円)だった。Reuters(ロイター)は2020年6月初めに、Zuoyebangは新たな資金調達ラウンドで65億ドル(約7000億円)で評価される可能性があると報じた。

調査会社のiResearchによると、中国のオンライン教育市場は2年後には810億ドル(約8兆7000億円)規模になる可能性があるという。

関連記事:勃興するEdTech

カテゴリー:EdTech

タグ:教育   Zuoyebang ビジョン・ファンド

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter