センシンロボティクス(企業)

点検や災害対策、警備などのインフラ事業のロボット化を目指すセンシンロボティクスが総額約22億円調達

次の記事

インド政府がTikTokなど中国企業の59のアプリを禁止すると発表

設備点検・災害対策・警備監視の領域でロボットを活用した無人化、省人化を目指すセンシンロボティクスは6月30日、総額22億円の資金を調達したことを明らかにした。

第三者割当増資とデットファイナンスによる調達で、第三者割当増資の引受先は以下のとおり。ENEOSイノベーションパートナーズとコムチュア、大豊産業、カシワバラ・コーポレーション、カシワバラ・コーポレーションは新規引受先だ。

  • グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • Eight Roads Ventures Japan
  • 伊藤忠テクノロジー ベンチャーズ
  • DRONE FUND
  • ENEOSイノベーションパートナーズ(旧:JXTGイ ノベーションパートナーズ)
  • コムチュア
  • 大豊産業
  • カシワバラ・コーポレーション
  • フューチャーベンチャーキャピタル

借入先は、三菱 UFJ 銀行、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫、三井住友信託銀行。これまでの約14億円の資金調達を合わせると累計資金調達額は約36億円になる。国内のドローン市場は今後さらに拡大すると予想されており、同社は今回調達した資金をサービス開発投資と人員増強に投下する計画だ。

同社は、設備点検では太陽光発電施設、通信・送電鉄塔、プラント施設、大型施設屋根、災害対策では災害時広報、被災状況確認、警備監視では巡回監視にドローンを活用している。具体的には、完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」を活用し、埼玉・川越にある住友商事開発の物流倉庫でた警備監視・巡視点検や、フジタの建設現場での安全巡視・土木測量などでの機能検証を実施。そのほか、JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)が進めている植生調査においてもドローンによる全自動陸域生態系調査の実証実験を行った。

一方で、ドローンメーカーの自律制御システム研究所(ACSL)とBtoB向けドローンソリューション構築とその社会実装に向けて連携。第1弾として、ACSLの産業用ドローンとセンシンロボティクスの自動航行プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」を利用した、ソリューションの提供を開始。これにより、物流分野で棚卸業務など屋内点検業務の完全自動化、屋外におけるドローン物流の完全自動化へ取り組んでいるほか、点検分野では遠隔監視、遠隔管理による定期点検が可能になる。

関連記事:ドローンパイロットを提供するDroneBaseが約8億円調達、再生可能エネルギー企業との連携狙う

カテゴリー:ドローン

タグ:センシンロボティクス 資金調達 日本