電動自転車シェアのBoltがパリを皮切りに欧州展開へ

次の記事

テスラは第2四半期に9万台超の車両を出荷、予想より減少幅小さく

配車サービス企業と同様に、Bolt(ボルト)も新型コロナウイルスによる世界規模のロックダウンや経済低迷に苦しんできた。しかし同社は電動自転車のサービスをパリで立ち上げることで新たな収入源を確保しようとしている。Boltは同様のサービスを今年、欧州諸国の首都で展開する計画だ。

過去数週間、パリで展開された唯一の自転車シェアリングサービスは、ドック設置型の普通自転車と電動自転車を扱う公共サービスVélib’(ヴェリブ)だ。Gobee.bike(ゴービーバイク)やObike(オーバイク)、Ofo(オフォ)、Mobike(モバイク)など多くの民間企業もVélib’と競おうと試みたが、これまでのところいずれも失敗に終わっている。

直近の失敗例は、Uber(ウーバー)のマイクロモビリティ子会社Jump(ジャンプ)だ。Limeとの売買取引で、Jumpはパリ、ロンドン、ローマ、ブリュッセル、その他の都市の路上から全ての自転車を撤去した。そうした電動自転車はいまLimeが所有しているが、同社はまだサービスを立ち上げていない(もしリローンチされるならの話だ)。

しかし自転車の人気がないというわけではない。パリの公共の自転車シェアリングサービスはこのところ絶好調で、利用は過去最多に達する勢いだ。人々がBoltの電動自転車を喜んで試そうとするか、様子をみることにしよう。

配車サービスとスクーターに加え、ユーザーは同じBoltアプリから自転車シェアリングサービスにもアクセスできるようになる。他の自転車シェアリングと同じように、ユーザーはQRコードをスキャンして自転車のロックを解錠できる。

値段はというと、Boltは最初のユーザーを引きつけるために可能な限り安く設定しようとしている。ロック解錠料金は設けず、使用1分あたり0.1ユーロ(約12円)とする。

ただ、値段設定に関しては、Vélib’のほうがもっと魅力的だ。電動自転車の30分のレンタルが2ユーロ(約240円)、1カ月乗り放題が8.3ユーロ(約1000円)だ。Boltの場合、20分の利用で2ユーロ。これは解錠代なしでの料金だ。

Boltは35カ国にユーザー3000万人を抱え、欧州の21都市でスクーターサービスを提供している。

画像クレジット: Bolt

関連記事:欧州とアフリカでオンデマンド交通を提供するBoltが約120億円を調達

カテゴリー:シェアリングエコノミー

タグ:Bolt 自転車

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi