JUMP

需要増を受けLimeがJumpの電動自転車をロンドンに再配備

次の記事

eスポーツをオリンピック公式種目にすべき理由

Jump(ジャンプ)の自転車がロンドンに戻ってくる。ただし今回オーナーはLime(ライム)だ。

Jumpの自転車を、Uber(ウーバー)が2020年5月に行われた複雑なディールの中でLimeに譲渡して以来、Jump自転車が戻ってくるのは欧州ではロンドンが初めてだ。LimeはUberがリードし、既存投資家Alphabet、Bain Capital Ventures、GVが参加したラウンドで1億7000万ドル(約183億円)を調達した。このディールの一環としてLimeは、Uberが2018年に約2億ドル(約215億円)で買収した電動自転車・スクーター部門のJumpを買収した。

ディールがクローズしたとき、米国にあった何千台ものJumpの自転車は処分され、そしてJumpチーム全体が解体されて従業員400人ほどが職を失った。米国での取引がクローズした数週間後にLimeは欧州でのJump買収をクローズした。これまで、欧州にあるJumpの自転車が米国にあったものと同じ運命をたどるかどうかは明らかにされていなかった。

何千台ものJumpの自転車がベルリンやブリュッセル、リスボン、ロンドン、マドリッド、マラガ、ミュンヘン、パリ、ローマ、ロッテルダムといった欧州の街から撤去された。Limeが自転車を再びこれらすべての街に戻すのはありそうにない。LimeはJumpのスクーターと自転車をロンドン、パリ、ローマ、バルセロナにも再配備する計画だと情報筋は語った。本日7月3日の発表はその第1段階となるようだ。

当面の間、Jumpの自転車はロンドンのUberアプリで利用できる。現在進められているシステムの統合が終われば、Jumpの自転車は今後Limeのアプリに追加されると同社は述べた。展開はまず電動自転車100台で始まり、需要に応じて増やす。価格は解錠に1ポンド(約134円)かかり、その後は利用1分ごとに15ペンス(約20円)となる。自転車はカムデン地区とイズリントン地区に配備されるとのことだ。

自転車に対する需要を受けて、LimeはJumpをサービスに戻した。ロックダウン規制が緩和されて以来、Limeの電動自転車レンタルサービスはこれまでになく利用が増えていると同社は述べた。ユーザーはこれまでよりも長距離を移動し、自転車の利用頻度は増えているという。Limeはまた、2020年6月中旬の週末に4000人超の新規ユーザーを獲得し、1日あたりの利用としては最多を記録した。ロンドンでの電動自転車利用は150万回を超えたとも述べた。

Jump自転車のロンドンへの再導入は、同都市での存在感を高めるためのLimeの幅広い計画の一環だ。今週初め、英国は電動スクーターパイロットプログラムを7月4日土曜日から開始する(未訳記事)と発表した。Limeは英国における同社の電動スクーター利用者に保険を提供するために保険大手Allianz(アリアンツ)と提携した、と述べた。そして2022年3月までの2年間にわたる安全キャンペーンをAllianzと共同でデザインしたことも明らかにしている。

画像クレジット:Lime

原文へ

(翻訳:Mizoguchi