Plug and Play Japanが「Winter/Spring 2021 Batch」参加スタートアップの募集開始

次の記事

GVA法律事務所とみらいコンサルティングが月額1.2万円のスタートアップ向け法務・労務契約書レビューサービスを開始

グローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターのPlug and Play Japanは7月6日、次期アクセラレータープログラム「Winter/Spring 2021 Batch」の募集を開始した。同社では、約3ヵ月を1つのBatchとして、年に2回プログラムを運営している。

Winter/Spring 2021 Batchの募集期間は7月6日から9月7日。プログラム期間は2020年12月から2021年3月。Plug and Play Japanの企業パートナーとの連携を希望するスタートアップ、登記済みまたはプログラム期間中に登記予定のスタートアップ(すべてのステージのスタートアップが対象)。申し込みは、同社特設ページより行う。

同社のアクセラレーションプログラムは、「テーマ」を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していくというもの。

同社では、1テーマ(領域)をVertical、1プログラムをBatchという単位で呼び、日本では東京で5 Vertical、京都で1 Vertical、合計6 Verticalを実施。​今回東京では「Fintech」、「Insurtech」「IoT」、「Mobility」、「Brand & Retail」を用意。京都では「Hardtech & Health」のプログラムを用意している。

Plug and Play Japan

スタートアップは、このプログラムを通じて複数企業パートナーとの連携の機会を得られる。また、成果発表会であるEXPOで優勝したスタートアップは、本社シリコンバレーでのピッチ機会が得られ、グローバルマーケットへのアクセスも可能。

Plug and Playは、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援を行う、シリコンバレー本拠のグローバル・ベンチャーキャピタルおよびアクセラレーター。世界33拠点に展開し、日本は東京と京都の2拠点を構えている。

ベンチャーキャピタルとしては、2018年は222社へ投資し、2019年から日本でも投資を開始した。日本ではプログラムのテーマや採択実績に関係なく、投資を検討している。

アクセラレーターとしては、世界30拠点でテーマごとのプログラムを運営しており、年間1000社以上を採択。

Plug and Play Japanはその日本法人として2017年7月に設立。現在まで5回のプログラムを実施し、合計400社の国内外の採択スタートアップを企業パートナーとともに支援してきた(2020年7月6日現在、企業パートナー数は38社)。

Plug and Play Japan

関連記事
日本のスタートアップ成長に重要な5つの要素とは——Plug and Play SHIBUYA開設から1年
シリコンバレー発のアクセラレーター・Plug and Playが日本で始動、大企業と組んだ支援プログラム

カテゴリー:VC / エンジェル

タグ:Plug and Play Japan アクセラレータープログラム