アフリカ(国・地域)

Alphabet傘下のLoonがケニアで気球によるインターネットの提供を開始

次の記事

Salesforceエコシステムのバックアップで知られるOwnBackupが約53.8億円を調達

Alphabet(アルファベット)傘下のLoon(ルーン)がケニアで正式にインターネットサービスの提供を開始した。Loonの高度飛行気球を活用した大規模な商業展開は今回が初めてとなる。気球は地球の成層圏を漂う通信サービス基地局として機能する。Loonのケニアでのサービスは地元の通信プロバイダーであるTelkom Kenya(テレコム・ケニア)との提携のもとに提供され、Telkom Kenyaのネットワークを通じて約5万平方kmをカバーする。山岳地帯に地上設備を展開するのは困難なため、通常はこうした広域で安定したサービスを提供することはできない。

Loonは2019年に契約を発表して以来(未訳記事)、ケニアにおける初の商業サービス展開に向けて取り組んできた。しかし同社は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大でミッションはさらに重要なものとなったと話す。感染症で移動に制限がかかる中で、安定した接続性が医師や家族、その他の人にリモートで連絡を取ることを可能にするためだ。

いかにLoonの成層圏バルーンが継続してサービスを提供するのか、ネットワークの質がどのようなものになるのかというテクニカルな詳細はというと、全部で35個のバルーンを用い、それらが絶えず動きながら対象エリアをカバーし続ける。通信スピードの平均は下りが18.9Mbps、上りが4.74Mbpsで、レイテンシーは19ミリ秒だ。Loonによると音声コール、ビデオコール、YouTube閲覧、WhatsAppの使用などでまったく問題ないことが地上でのテストで確認された。

ケニアの対象エリアにサービスを提供する際のAlphabetのバルーンの経路

Loonは2020年初めにサービスのテストを開始し、多くの顧客がテスト期間中にテストだということを認識することなくネットワークに接続していた。3万5000人超の顧客を対象に上記のようなサービスを提供した、とLoonはいう。

今日の商業サービス立ち上げの前に、Loonは2017年のハリケーン・マリア後のプエルトリコをはじめとして、大災害が発生したエリアに緊急サービスを提供するためにバルーンを展開してきた。通信が提供されていない世界の地域で非緊急サービスを提供するために、Loonは数多くの通信事業者と共同で取り組んでいる。

関連記事:AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Alphabet アフリカ Loon

画像クレジット:Alphabet

原文へ
(翻訳:Mizoguchi