PEACE TW-1
EarsOpen
BoCo

骨伝導技術のBoCoが世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」を発売

次の記事

経営管理特化クラウド「Loglass」正式リリース、8000万円の資金調達実施も

骨伝導技術活用のデバイスメーカーBoCoが7月8日、骨伝導イヤホン「earsopen」シリーズ最新機種として、世界初の完全ワイヤレスモデル「PEACE TW-1」を発表した。Bluetooth 5.0対応で、連続使用時間は約5時間。公式ストアでの直販価格は税別1万9800円で、発売日は7月30日予定。

BoCo 骨伝導イヤホン earsopen PEACE TW-1

骨伝導イヤホンは、鼓膜ではなく骨を振動させて音を伝えるイヤホン。PEACE TW-1は、同社「earsopen」最新モデルにあたる、左右が独立した完全ワイヤレスタイプ。従来難しいとされていた骨伝導イヤホンでのバッテリーと制御回路基板の小型化を実現した。

また骨伝導デバイスの最適な装着角度により、同社従来製品と比較して約50%音漏れを低減。改良を重ねた世界最小クラスの骨伝導デバイスにより、4Hz~40KHzの振動帯域はそのままに、低域と高域のパワーを強化し、骨伝導では類を見ないワイドレンジ化に成功したという。

本体素材には、特殊素材エラストマーを使用し、優れた装着性と高い耐久性を実現。耳を挟み込むイヤカフ構造によりフィット感を高め落下しにくい形状を採用したほか、サイズ36×27×15mm、重量約18g(片耳約9g)のため長時間装着していても疲れにくいという。

テレワークやオンライン会議中でも、インターホンや家族の呼びかけなど周囲の音や声を聞くことが可能。またボリューム調整、曲送り曲戻しなどの操作がイヤホン上で行え、急な電話でもボタンひとつで対応できる。

BoCo 骨伝導イヤホン earsopen PEACE TW-1

IPX7等級の防水性能で汗や雨にも強く、ランニングにも利用しやすい。音楽を楽しみながら接近する車などに気付きやすいという。

BoCo 骨伝導イヤホン earsopen PEACE TW-1

  • 製品名: PEACE TW-1
  • サイズ(本体): 36×27×15mm
  • サイズ(クレードル): 70×42×36mm
  • 重量(本体): 約18g(片耳約9g)
  • 重量(クレードル): 約43g
  • 連続再生時間: 約5時間(クレードル併用で最大約12時間)
  • 充電時間(本体/クレードル): 約1.5時間/約2.0時間
  • 給電規格: USB Type-C
  • 骨伝導デバイス周波数特性: 4Hz〜40,000Hz
  • Bluetoothバージョン: Bluetooth 5.0
  • プロファイル/Codec: A2DP、AVRCP、HSP、HFP、SPP/SBC

関連記事
Cerevoが今度はアクションカメラ「REC-1」と骨伝導ヘッドセット「BONE-1」を発表
耳で波の音を、骨でサザンを楽しむ――渋谷TSUTAYAに骨伝導イヤホン「EarsOpen」展示中