Amazonプライムビデオにユーザープロフィールが加わる、子供用含め最大6人ぶん

次の記事

「ITアーキテクチャ向けGoogleマップ」開発のSaaS企業LeanIXが86億円を調達

以前からストリーミング・ビデオの定番となっている機能、ユーザープロフィールがやっとAmazonプライムビデオに設定できるようになった。プロフィールが作れればプライム・ビデオのユーザーは自分のウォッチリストや個人向けにカスタマイズされたオススメにアクセスできる。またNetflixのような主要なライバルと同様、プロフィールで自分の視聴履歴を確認できるようになる

ユーザーはAmazonアカウントをベースにしたプライマリプロフィールに加え、子供用のプロフィールも作成できる。プライマリープロフィールと大人用、子供用を組み合わせて一世帯で最大で6種類のプロフィールが作れるようになった。

Amazonのプライム会員は新しいプロフィールをiOS、Android、Fireタブレット(Gen 10以降)、Fire TVで利用できる(他のWi-Fiデバイスのプライム・ビデオ・アプリでも利用可能)・

 

今年に入ってプライムビデオのプロフィールのテストが開始されたことはNDTVが報じていたが、今回は正式な機能として発表された。実はAmazonはこの機能もまずインドとアフリカで公開していたが、いよいよ米国を含む全世界のユーザーが利用できるようになったわけだ。

「子供向け」で設定されたプロフィールの場合、対象年齢を12歳以下としたにコンテンツのみ視聴できる。検索や候補もフィルタリングされ子供向けのタイトルだけ表示される。
また子供向けプロフィールからはコンテンツの購入はできない。

一方、大人のプロフィールではプライムビデオのタイトルやチャネル、ライブ配信コンテンツ加え、購入、レンタルを含めてすべてのプライムビデオコンテンツをプライマリアカウントから視聴できる。

両親がアカウントにペアレンタルコントロールを設定して、リビングのテレビなどの共有デバイスでコンテンツにアクセスできないようにしたいなら、そのような設定も可能だ。この場合、閲覧は制限されるが、両親は現在と同様、PINコードを入力してコンテンツを再生することができる。

両親はプライム・ビデオの設定で制限を有効にして子供たちが大人のプロフィールを使って購入するのを防止できる。この場合にも購入手続きの完了にはPINコードの入力が必要になる。

子供向けプロフィールの動作は、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスでは異なる部分がある。モバイルのプライムビデオでは子供向けプロフィールからも大人のプロフィールのダウンロードにアクセスできる。これはデバイスがオフラインになった場合でもプロファイルの切り替えができるようにするための仕様のようだ。

さらに、AmazonプライムのAmazon Householdでウォレット共有を有効にした場合、プライムビデオは家族ユーザーのプロフィールを自動的に作成する。このプロフィールはプロフィールの管理から無効にできるが、一度オフにすると再度有効にすることはできないので注意。

2011年にスタートしたというのに、ユーザープロフィールが設定できなかったのはプライムビデオで最大級の欠陥だった。 多数のユーザーがこの機能の追加を要望していた。

現在、各種のビデオストリーミングサービスでは、ライブラリ、お気入り、ユーザーの視聴履歴に基づいたお勧めなど各種のツールを揃えてユーザー体験の向上を競っている。これまでプライムビデオはこうしたニーズを無視し、家族アカウントではメンバー全員が単一のアカウントを共有するしかなかった。つまりAmazonにとってプライム・ビデオはAmazonプライムのオマケであり、Netflix、Hulu、Disney+のようなストリーミング専門サービスのライバルとは考えていないのだろうとユーザーは感じていた。

今回のアップデートでついにこの問題が修正されたのは、最近リリースされたHBO Max、NBCU、また近く登場するPeacockなどビデオストリーミングの市場に多数の有力ライバルが参入してきたためだろう。

Amazonは「プロフィールl機能はまだ全ユーザーが利用できるようになっていない」と注意している。この機能は順次公開が進められているので現在利用できなくても数日で利用できるようになる。

画像:Amazon

【Japan編集部追記】7月9日早朝時点で訳者の環境では日本のAmazonプライムビデオではまだプロフィールは表示されない。

関連記事:iPhoneやiPadのPrime Videoアプリ内からコンテンツの購入とレンタルが可能に

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Amazonプライムビデオ 動画配信

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook