スマニューがUI/UXを刷新、ピンポイント降雨予想やニュース検索などの新機能も搭載

次の記事

英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達

スマートニュースは7月9日、同名のニュースアグリゲーションアプリ「SmartNews」のメジャーアップデートを発表した。今回のアップデートにより、ピンポイント降雨予報、ニュース検索、閲覧履歴などの機能が追加されたほか、画面下部に新たにナビゲーションバーを新設するなどUI/UXを刷新した。

ピンポイント降雨予報は、その名のとおり現在地周辺や指定した場所の天気をピンポイントで調べられる機能。予報範囲は250m四方で、15時間先までの降雨量を確認できる。もちろん無料で利用可能だ。同機能について同社でシニアプロダクトマネージャーを務める水波 桂氏は「4月から一部ユーザーに対しテストしていた雨雲レーダーを進化させ、『ピンポイント降雨予報』の機能を追加しました。雨がいつ降るのか、いつ止むのか、一瞥して把握できるデザインしました。このひと目でわかるUIはユーザーにとって利便性が高く独自性もあると考え、特許を出願しています。これからも、ユーザーに役立つ機能を追加できたらと思います」とコメントしている。

ニュース検索は、SmartNewsの各チャンネルを横断してキーワード検索できる機能。SmartNews上の話題のトピックについても一覧できる。

閲覧履歴は、過去にSmartNews上で閲覧した記事が新しいものから一覧できる。同機能が加わったことで、気になる記事を一度開いておけば、あとでまとめて読むことが可能になる。もちろん、一度見た記事をもう一度見る際に探す手間も省ける。

そしてこれらの新機能に併せてナビゲーションバーを画面下部に新設。通常のSmartNewsの画面に切り替える「ホーム」のほか、天気予報やピンポイント降雨予報をチェックできる「天気」、記事検索が可能な「検索」、閲覧履歴の参照などができる「アカウント」の4つのメニューが用意される。同社でプロダクトデザインを担当する山本興一氏は「ユーザーの使い心地の向上にこだわりました。雨がいつ降るのか、いつ止むのか、調べなくてもひと目でわかる。検索キーワードが思い浮かばなくても、調べたくなる話題を手軽にチェックできる。前に読んだあの記事はどこにあるんだろう、そんな記事をすぐ見つけられる。そんな『かゆいところに手が届く』機能です。これからも、ユーザーの日常生活に役立つプロダクトを作っていきたいと考えています」と語る。

関連記事:スマートニュースのローカルニュース機能が米国6000以上の都市で利用可能に

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:スマートニュース メディア