グーグルが3D広告フォーマットのSwirlを世界展開

次の記事

GoProの「Hero 8 Black」が約2.7万円のウェブカメラになる

Google(グーグル)は1年ほど前にベータ版を公開(グーグルブログ投稿)した広告フォーマット「Swirl」が、全世界で利用可能になったと発表した。Swirl形式には、インタラクティブな3D製品モデルを含むバナー広告が含まれる。同社はブログ記事で以下のように述べている。

「Swirlでは消費者が広告の中のプロダクトを回転させたり、ズームしたり、拡大したりできるようにすることで、目前の商品へとエンゲージできるようにする。同技術による広告ではブランドが行動の変化、新しいテクノロジーのパフォーマンス、ユニークな製品機能などを説明できるようになる」。

投稿ではSwirlのフォーマットを使用してすでに作成されたさまざまなキャンペーンについて説明しており、その中には日産スペインのSUV「Qashaqai」の新機能をアピールする広告や、アディダス・ラテンアメリカによる「Ultra Boost 2019」の広告などが含まれる。

広告は純粋に製品に焦点を当てる必要はない。ドッグフードのPurinaはSwirlを使って潜在的な顧客に3D犬のモデルを表示し、これは標準的な2D広告の6倍のエンゲージメントを得たという。

Swirlのキャンペーンを作成するために、広告主は3DアセットをGoogle Web Designerにアップロードするか、Polyを使用してモデルを編集できる。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter