Spotifyがヨガやランニングなどユーザーのワークアウトに合わせたプレイリストの提供を開始

次の記事

新型コロナ下の第2四半期のモバイルアプリはダウンロード数、利用時間、売上のいずれも新記録達成

Spotifyは一人ひとりに合わせたプレイリストのコレクションを新たに始めた。ワークアウトをしながら新たに出会う音楽を楽しみたいユーザーのための新機能だ。ただし再生履歴に基づいて自動で表示されるフラッグシップのサービスである「Discover Weekly」とは異なり、ワークアウト用プレイリストはマイクロサイトの「Soundtrack Your Workout」で質問に答えるとそれに基づいて作られる。

ユーザーはこのサイトでエクササイズの種類、ワークアウトの所要時間、一緒にワークアウトをする人(子供と、ひとりで、パートナーとなど)、強度、気分などの質問に答えていく。するとSpotifyはワークアウト用プレイリストをその人に合わせてカスタマイズするために、回答した情報と音楽の好みを同期させる。音楽とポッドキャストを組み合わせたプレイリストにすることもできる。

ワークアウトのアクティビティを変更するときはいつでも質問に回答し直して、パーソナライズされたプレイリストをさらに作ることができる。こうして作られたプレイリストはSpotifyアプリのプレイリストのコレクションに追加されるので、あとから簡単にアクセスできる。

ストリーミングサービスではワークアウト向けの音楽が、特に若年層のユーザーの間ですでに大人気になっている。例えばSpotifyの調査では、ワークアウト中に音楽やポッドキャストを聴いたリスナーの半分以上(53%)は18〜29歳のユーザーだった。しかも新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるロックダウンでユーザーがジムに行けなくなっているにも関わらず、ワークアウト用音楽への関心は衰えない。例を挙げると、Spotifyのリスナーはこの2カ月間でワークアウト用プレイリストを100万以上作った。

Spotifyのトレンド専門家であるShanon Cook(シャノン・クック)氏は今回の発表の中で「Spotifyユーザーは新しい環境下でも活動的かつ健康的でいられる方法を模索している中、ワークアウト用の音楽に注目が集まっています」と述べている。

この新機能の開発にあたって、Spotifyはセレブのトレーナーを務めるCorey Calliet(コリー・キャリエト)氏の協力をあおいだ。キャリエト氏はオリジナルのサウンドトラックを作って共有している

Spotifyがサービスのプロモーションのためにマイクロサイトを利用するのは今回が初めてではない。最近では一部の市場で、ユーザーに質問に答えてもらい、オプションでSpotifyと連携してその地域の音楽を紹介する「Listen Local」という試みを始めた。また、同じ曲を同時に再生し始めた人々を表示する「Listening Together」も公開している。

ただし、ユーザー自身ではなくSpotifyがプレイリストをカスタマイズ前に質問によって情報を収集する方法は、あまり多くは使われていない。ワークアウトの場合はユーザーそれぞれで大きく異なる可能性があるため、質問に答えてもらう必要がある。ヨガのセッションで集中するときに聴きたい曲やテンポと、トレッドミルでランニングをするときに聴きたい音楽は、たいていかなり違うものだ。

Spotifyはこうして収集した情報を別のところで使える可能性がある。おそらくユーザーの関心に沿ったプレイリストを今後提案したり、広告の目的で使ったりすることができるはずだ。

もちろん、Spotifyがパーソナライズして作成するプレイリストはどれでもそうだが、自分がすでにSpotifyに提供したデータを反映したものになる。子供や家族が自分のアカウントを使っていたり、別のサービスを使っていてSpotifyはあまり使っていない場合、プレイリストは自分の好みを完全に反映したものにはならないだろう。

新しい「Soundtrack Your Workout」は日本でもすでに公開されている。

画像:stockcam / Getty Images

原文へ
(翻訳:Kaori Koyama)