Kubernetes管理のReplicatedがGitLabのプロダクト責任者を新CPOとして招聘

次の記事

MacにApple Siliconを搭載するアップルの本当の狙い

Kubernetesベースのアプリケーションの監視と管理サービスを提供しているロサンゼルスのReplicatedは、評価額27億5000万ドル(約2940億円)のプログラミングサービスの大手GitLabの元製品責任者を、同社の最高製品責任者(CPO)に迎えた。

Mark Pundsack(マーク・パンダック)氏は、Replicatedの事業拡大にともない入社することになる。オンプレミス製品を通じて、パンダック氏GitLabが社員数70名から1300名に成長していく過程を見てきた。

ReplicatedのCEOであるGrant Miller(グラント・ミラー)氏によると、同社も同様のオンプレミスサービスを多様な企業顧客に提供していきたいと考えているという。

パンダック氏はCircleCIに在籍していたときにReplicatedを初めて紹介され、Kubernetesがデプロイ管理ツールキットを発表して以降、再び気になる存在になった。

「Replicatedが最新の製品で生まれた勢いはとても大きく、同社の軌道を変えてしまった。彼らの製品やチーム、顧客を詳細に知ることで、自分も参加したいという気持ちになった。同社はエンタープライズソフトウェアのエコシステム全体に価値を生み出すことができるきわめてユニークな立場にあり、そのようなリーチはきわめて稀なものだ。同社のポテンシャルを見ると、初期のGitLabを思い出す」とパンダック氏は声明で述べている。

一方、ミラー氏はこれはReplicatedにとって大当たりだという。

「マーク(・パンダック)はGitLabの中核的なプロダクト戦略を策定し、KubernetesをサポートすることでGitLabをソース管理会社から完全なDevOpsプラットフォームへと変えた。Replicatedのプロダクトのリーダーとして、彼ほど経験豊富な適任者は他にいない。マークはGitLabが従来のオンプレミスからKubernetesベースのインストールへと管理が進化するのを目の当たりにしてきた。これは顧客の多くが経験しているものと同じ遷移であり、マークはその最良のものをすでに達成している。彼が我が社のプロダクトに関与することで、より多くの顧客が成功を収めることができると確信している」とミラー氏はいう。

パンダック氏は、この半年間でReplicatedが招いた2人目の新たな役員だ。同社は役員層の強化によって事業を拡大しようとしている。

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa