HBO Maxが映画バットマンとのタイアップでゴッサム市警察のTVシリーズを制作

次の記事

皮膚に貼り付け可能な極薄スキンディスプレイをフルカラー化、東京大学と大日本印刷が共同研究

米国時間7月13日、WarnerMedia(ワーナーメディア)傘下のストリーミングサービスで5月にスタートしたHBO Max(未訳記事)は、映画「The Batman」(ザ・バットマン、2021年公開予定)とタイアップしたテレビ番組シリーズの制作を発表した。

舞台はゴッサム市警察。制作チームには劇場版の共同脚本家・監督であるMatt Reeves(マット・リーヴス)氏に「Boardwalk Empire」(ボードウォーク・エンパイア 欲望の街)を企画したTelence Winter(テレンス・ウィンター)氏らが加わる。

これはおなじみの領域だ。「ある町の警察署がさまざまな犯罪者に蹂躙される」といえば、作・Ed Brubaker(エド・ブルベーカー)氏、Greg Rucka(グレッグ・ラッカ)氏、絵・Michael Lark(
マイケル・ラーク)氏のコミック「Gotham Central」(ゴッサムセントラル)に一番よく出てくる設定だが、最近の(不評の)Fox TV番組「Gotham」(ゴッサム)が狙ったところでもある。

しかしHBO Maxの発表では、この作品は劇場映画の延長であり「最終的にマルチプラットフォームで新しいバットマンの世界を展開する」ことを強調した。同社は、近日上映の映画「Dune」(デューン)とタイアップした「Dune: The Sisterhood」(未訳記事)でも同じアプローチをとっている。

これは素晴らしいチャンスであり、私が映画で作っている世界のビジョンを広げるだけでなく、TVシリーズの長編フォーマットでのみ可能な深淵さと詳細さも追求できる。そして、驚くべき才能をもつテレンス・ウィンター氏による犯罪と腐敗の世界を洞察力をもって描いた脚本を得られたことを夢のように感じている」とリーヴス氏は声明で語った。

作品が現在進行中の人種不平等への抗議の影響を何からのかたちで受けているかどうかも注目される。「現実世界の政治問題をコミック原作のテレビ番組と結びつけるのは馬鹿げている」と思えるかもしれないが、この抗議運動によって映画やテレビがいかに警察を美化してきたかをハリウッドが見直すこと(Hollywood Reporter記事)につながっている。たとえば「Brookly Nine-Nine」(ブルックリンナインナイン)の脚本家や出演者は、「誰もが倫理的に問題ないと思える」番組にするよう考え直そうとしている」(People記事)とAndy Samberg(アンディー・サムバーグ)氏が最近語った。

関連記事:ディズニーがインド首相批判のジョン・オリバーによる新エピソードを封印

カテゴリー:ネットサービス

タグ:HBO エンターテインメント

画像クレジット:FOX Image Collection / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook