人工知能・AI
リーウェイズ

静岡銀行が国内地銀で初めて融資審査をAIで高度化、不動産テックのリーウェイズと共同開発

次の記事

エン・ジャパンが中小企業のDX化に向け100億円規模のスタートアップ投資を発表

不動産テック開発・運営のリーウェイズは7月13日、融資を求める顧客に対する情報提供や融資審査の高度化を目指し、賃貸不動産の将来の賃料・価格・空室率などを予測する、投資用不動産AIシミュレーション「Shizugin Investment Planner」(SIP)を静岡銀行と共同開発したと発表した。また静岡銀行は、資産形成サポートの現場でSIPの本運用を開始した。

リーウェイズは、不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate. Investment Planner」(ゲイト・インベストメント・プランナー)のシステム基盤を静岡銀行に提供。Gate. Investment Plannerは、過去10年間で蓄積された1億件以上の物件データから、全期間利回り・賃料査定・物件価格査定・空室率の推移・賃料下落の推移・50年先まで分析したキャッシュフロー・LTV(Loan to Value。資産価値に対する負債比率)などの詳細な不動産分析が可能という。

SIPは、リーウェイズ保有の不動産ビッグデータを学習したAIによる将来価値の査定モデルと、静岡銀行独自のロジックとを活用する形で開発。SIPは、収益不動産の将来的な稼働率・賃料の下落など、物件所有者にとっての運用リスク、返済の安定性を可視化した資料の提供が可能なため、収益不動産のパフォーマンスに関する客観指標を基にしたアドバイスを行えるという。また、融資審査において市場データに基づく客観的な参考値を取り入れることで、無理のある投資計画から顧客を保護する。

今後さらなるAI査定の精度向上、蓄積情報の活用、顧客への提示情報の拡充を予定しており、国内の資産家をリスクから保護し、より計画的で堅実な資産形成のサポートを行う。

リーウェイズ保有の不動産ビッグデータとAI技術、静岡銀行が保有する独自の融資審査ノウハウを活用し、全国の不動産取引および融資業務の効率化・高度化・標準化を推進するとした。

リーウェイズと静岡銀行は、2019年6月締結の資本業務提携を皮切りに、AI技術などのテクノロジーを取り入れた、不動産関連融資における顧客保護体制の強化と融資審査の厳格化を通じた新たなビジネスモデルの構築に取り組んできた。

リーウェイズは、過去10年以上に渡って蓄積した全国1億件超の不動産物件データをはじめとする不動産取引情報や、人口動態・地価情報などのビッグデータを基に、不動産の将来価値を予測する不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.」(ゲイト)を開発。不動産関連企業や金融機関に提供している。

静岡銀行では、「事業領域の開拓・収益化による地方銀行の新たなビジネスモデルの構築」を推進。異業種との連携を通じ、従来の枠組みや発想にとらわれない新たな収益基盤となるビジネスを創造し、持続可能なビジネスモデルの構築に取り組んでいる。

関連記事
AI活用で最短2日のマンション売却、不動産テックのすむたすが4億円調達
担当者にかわってAIが自動でオススメ物件提案、不動産テックのハウスマートが約3億円調達
不動産テックのEQONが3000万円を調達、査定+エージェント検索で「仲介2.0」に備え