がん治療(用語)
AI病理学

がんを専門とする計算病理学スタートアップのPaigeがシリーズB投資で75億円を調達

次の記事

SnapchatがTikTokスタイルの垂直スワイプで移動する操作をテスト中

Memorial Sloan Kettering Cancer Center(メモリアル・スローン・キャッターリングがんセンター、MSK)から独立し2018年に創設された(未訳記事)スタートアップのPaige(ペイジ)は、AIを使ってがん病理学の理解を深め、高度ながん研究と治療に貢献している。Paigeは米国時間7月13日に、その成長過程の一里塚となるシリーズBラウンドでGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)とHealthcare Venture Partners(ヘスルスケア・ベンチャー・パートナーズ)から2000万ドル(約21億円)を調達し、7000万ドル(約75億円)でクローズした。

PaigeのCEOであるLeo Grady(レオ・グラディ)氏は、この資金はいくつかの分野に使われると話している。

その用途は人材雇用、バイオ医薬品メーカーとのパートナーシップの拡大(契約内容はまだ公開されていない)、MSKのアーカイブにある2500万件の病理診断スライドでトレーニングした自社開発のアルゴリズムを基礎とする臨床研究への投資、そしてPaigeの事業の基本となるAIベースの計算病理学に関連する情報処理となっている。また、英国とヨーロッパへの進出にも使われるという。Paigeは、両地区での臨床利用を可能にするCEマーキング認証を取得している。すでに英国とEUにベータサイトを設けているが、どちらの地区でも完全な商用化には至っていないとグラディ氏は話している。

PaigeはBreyer Capital、MSK、Kenan Turnaciogluといったその他の投資家から9500万ドル(約102億円)以上を調達しているが、評価額は公表していない。しかし、このラウンドの最初の4500万ドル(約48億円)の支払いが発表された2019年12月、様々な情報を総合して我々は評価額をおよそ2億800万ドル(約223億円)と見積もった。その後、同社は2020年4月に500万ドル(約5億4000万円)を受け取っている。最後の2000万ドルを呼び寄せた要因の1つは堅調な事業だとグラディ氏はいう。結果として、資金調達が厳しい現状にも関わらずPaigeはそうした困難に遭わずに済んでいる。

「ゴールドマン・サックスが最初に投資を行ったときの状況(4月の500万ドル)」は「新型コロナウイルスの大打撃を受け、その深刻さに気がつき始めたころでした」とグラディ氏。「経済の中で、物事がPaigeにどう作用するかを彼らは見たかったのです。しかし、その成り行きは勇気づけられるものとなりました」。

たしかに現在は、多くの人の意識が新型コロナウイルスという形で世界中に蔓延した目下の公衆衛生の危機と、それが経済と社会に及ぼすドミノ効果に集中している。そうした中でのPaigeの成長は興味深い。

新型コロナウイルスと、それががんなどその他の疾患に及ぼす影響への私たち理解はまだ初期段階(CIDRAP記事)であり、Paigeの研究はそこには直接関わってはいない。だが同時に、デジタル化したスライドを中心に構築されている同社のプラットフォームは、それ自体が臨床医や、研究所に毎日出勤できなくなった人たちの役に立っている。

同社の共同創設者であるThomas Fuchs(トーマス・フックス)博士は「計算病理学の父」と呼ばれる人物で、MSKのThe Warren Alpert Center for Digital and Computational Pathology(デジタル及び計算病理学のためのウォーレン・アルパート・センター)の計算病理学のディレクターであり、ワイルコーネル医科大学医療科学大学院の機械学習教授でもある。もう1人の共同創設者であるDavid Klimstra(デイビッド・クリムストラ)博士は、MSKの病理学学部長だ。そうしたPaigeの企業向け視覚化システムは、遠隔でのデジタルスライドの閲覧を可能にする。今やどのハードウェアメーカーにもデジタルビューワーはあるが、それも自社のスキャナーにのみ対応する独自仕様で、「高性能には作られてない」とグラディ氏は指摘する。

Paigeのプラットフォームでは、利用者は研究成果だけでなく、実際にスライドをやり取りすることなくオリジナルデータも共有できるのだが、データの「読み出し」用に組み込まれた高性能ソフトウェアを使うことで、臨床医や研究者は他の方法を使うよりも総合的にデータを見ることができる。これは当初、前立腺がんと乳がんのためのものだったが、今はその他のがんにも範囲を広げているとグラディ氏は話す。「私たちはワークフローに情報を追加し、データの信頼性と品質を高めようとしています。最初の段階(プラットフォームとスライド)が次の段階を可能にしました」。

ゴールドマン・サックスの投資は、この大手金融サービス企業の自己資金投資部門から出ている。そしてその一環として、同社の業務執行取締役であるDavid Castelblanco(デビッド・カステルブランコ)氏がPaigeの役員会に加わった。

「私たちはこの会社と、その成長の早さに本当に驚かされました」と彼は声明の中で述べている。「レオ、トーマスそしてPaigeのスタッフのがん治療分野での人工知能と機械学習を駆使した革新的な仕事への支援が増やせることを、とても嬉しく思っています」。

「そもそも私たちがPaigeへの投資を決めたのは、彼らの製品がこの業界に膨大な価値をもたらし、がん治療の未来に大きな影響を与える可能性に気づいたからです」とHealthcare Venture Partnersの専務取締役であるJeffrey C. Lightcap(ジェフリー・C・ライトキャップ)氏はいう。「Paigeがわずかな期間で目覚ましい成長を遂げた後に、その成長をさらに加速させようと私たちは追加投資を行いました」。

画像クレジット:Ed Uthman Flickr under a CC BY 2.0 license.

原文へ
(翻訳:金井哲夫)