3Dプリント(用語)
自転車(用語)

3Dプリントで作られたカーボン製ユニボディ自転車「Ion」の予約受け付け開始

次の記事

AIスタートアップの登竜門「HONGO AI 2020」参加企業の募集開始、12月4日のライブ配信にて最優秀賞を決定

Superstrata(スーパーストラタ)を見るたびに、どれだけ早く盗まれてしまうのだろうか、とどうしても考えてしまう。それはこの自転車の責任ではない。実際は逆で、そこが長所だ。たぶん、ニューヨークという街に長く住みすぎたために蓄積された経験が、私にそう思わせるのだろう。

SuperstrataのIon(イオン)は、4000ドル(約43万円)の自転車だ。だが、そこらの4000ドルの自転車(何を指しているかは、ここでは省く)とは訳が違う。滑らかな外観も目を引くが、Ionはなんと3Dプリントされたカーボンファイバー素材のユニボディ自転車なのだ。この製造法により、乗る人の体型に合わせたカスタム自転車を作ることが可能になっている。びっくりするような価格ではあるが、1万2000ドル(約130万円)以上もする従来のカーボンファイバー製自転車に比べたら、Ionは安い。

Superstrataブランドで発売されるのは2車種。前述の電動アシスト自転車Ionと、2800ドル(約30万円)の非電動自転車Terra(テラ)だ。どちらもまだ、完全には商品化されていない。現在、クラウドファンディングのIndiegogoで予約注文の受け付けを開始したところだ(キャンペーンはすでに当初の目標額10万ドルの5倍の資金を集めている)。このキャンペーンは、Alabaster(アラバスタ)やMisfit(ミスフィット)の創設者であり、ここ数年の消費者向け電子機器の動向に詳しい人にはお馴染みのSonny Vu(ソニー・ブー)氏が主催している。

画像クレジット:Superstrata

3Dプリント自転車の長所ははっきりしている。同社の説明によると、身長140cmから225cmの人まで車体を対応させることができるという(そこじゃない、均整美などのもっと楽しい面があると指摘される方もいるだろうが、話のポイントはわかってもらえると思う)。Superstrataでは、18の部分の長さを調整してユニボディのフレームを作っている。そうすることで、重量1.3kg(非電動モデルの場合)にも満たないフレームの強度が格段に上がる。同社がTechCrunchに話してくれたところによると、重複のない組み合わせは25万通りにのぼるという。プリントが完了すると、あとは人の手で仕上げられる。

Superstrataは、ただの新しい自転車スタートアップではない。サンフランシスコ湾岸地区を拠点とする積層造形スタートアップであるArevo(アレボ)傘下の新ブランドだ。Superstrataは、Arevoのサービスと複合積層製造技術を製造業界に売り込むためのデモンストレーションの役割も担っていると、ブー氏はTechCrunchに述べた。

その大きな目標を達成するために、Arevoは大規模なシステムを完備したプリント工場をベトナムに建設しているとブー氏はいう。

「ただ何かをプリントして、『ほら、こんなこともできますよ』というだけの話ではありません」とブー氏は最近のインタビューで話してくれた。「名前から色、ブランド、フォント、工業デザイン、ユーザーエクスペリエンスに至るまで製品全体を、B to C(企業対消費者間取引)のすべてを作ろうということです」。

Superstrataの製品がいかに早く開発されたかを自分の目で見て理解してもらえれば、将来の顧客が夢中になってくれるとブー氏は目論んでいる。設計から製品化直前のプロトタイプまで、全工程に要した時間は約2カ月だったとブー氏はいう。その時間の大半は、各自転車ごとに大量のカスタマイズを可能にするためのプリント工程の設計に費やされた。

ブー氏は、Superstrataが自立した高級品メーカーになることを目指しているが、同社は今回の2車種の設計を、自転車の専門家とデザイナーに大きく頼ってきた。賛否が分かれるところだが、デザイン的に興味深い点としてシートチューブを廃止したがある。

「たしかにデザインはちょっと派手なもにになっています」とブー氏はいう。「これも強度を誇示したくて、このようなデザインにしました。もちろん、シートチューブを付けようと思えば付けられました。しかし全体がカーボンファイバーで作られているので、かなりの重量に耐えられるという点を見て欲しいのです」。

注目すべきは、この2車種は大幅なカスタマイズが可能であっても、ハンドルバーや車輪などが固定された閉鎖的システムではないということだ。車輪やその他の部品は他社製品に交換することができる。Superstrataがそうした柔軟性を持たせたのは、いずれにせよハードコアなサイクリストは、余計なものを取り払ってフレームとフォークだけにしてしまうであろうことを想定しているからだ。

今ならさらにお得なポイントがある。どちらの車種も、クラウドファンディングのキャンペーンで早期に支援した人は割引価格で購入することができる。出荷予定は12月となっている。

関連記事:睡眠時無呼吸治療器を新型コロナ用人工呼吸器に換える3Dプリンター製アダプター

カテゴリー:モビリティ

タグ:3Dプリント 自転車

画像クレジット:Superstrata

原文へ
(翻訳:金井哲夫)