カーネギーメロン大学(組織)

ロボットに透明な物体をつかませる方法をカーネギーメロン大学が開発

次の記事

ライティングアプリUlyssesがアップデート、ダッシュボードや文法チェック機能を搭載

ロボットにとって、透明の物体をつかむのは難しい作業だ。これまでのカメラやセンサーの多くは、つかむ場所を指示するための情報を十分に得ることができなかった。赤外線カメラからの光は処理中に物体を通過し散乱する。デプスカメラは不透明な面がないと形を適切に判断できない。

こうしたことから、ロボットの手が触れるものを図式化しようとする際に高い確率でエラーになってしまう。プラスチックやガラスのボトルはたいてい透明なので、ボトルのリサイクルにロボットを利用したい場合は、このことが問題になる。

カーネギーメロン大学は2020年7月第3週に、一般的な民生品のカメラを使ってこのプロセスを改善する可能性のある新しい研究結果を公表した。研究チームは、色を読み取って透明な物体の形を判断できるカラーのカメラを製作した。まだ完全ではなく、不透明な物体ほど正確ではないものの、研究チームによれば透明な表面をこれまでの方法よりもずっと高い確率でつかめるようになったという。

この発表に関するリリースでカーネギーメロン大学でロボティクスを研究するDavid Held(デビッド・ヘルド)助教授は「ときどきミスはあるが、ほとんどの場合で成果があった。透明な物体や反射する物体をつかむことに関して、これまでのどの方法よりもずっと優れている」と述べている。

研究内容の詳細は、2020年夏の後半に開催されるバーチャルロボティクスカンファレンスで発表される。

関連記事:切られても自らつながる、ターミネーターT-1000のような素材をカーネギーメロン大学と東京大学の科学者が開発

カテゴリー:ロボティクス

タグ:カーネギーメロン大学

原文へ
(翻訳:Kaori Koyama)