ERP
Recurrency

SAPやマイクロソフトに挑戦するRecurrency、入力中心の基幹システムに推測や予測の機能を実装

次の記事

野球データ分析・チーム強化の「キューステ!」がミズノMA-Q連携の投球データ・映像分析機能を開発

Y Combinatorの2020年夏のバッチのメンバーであるRecurrencyは、大学を卒業したばかりの21歳の人物が設立した企業だ。彼は、SAP、Infor(インフォア)、Oracle(オラクル)、Microsoft(マイクロソフト)などの巨人が率いる確立された市場に参入することを決心したが、エンタープライズソフトウェアの非常に複雑な領域を一気に攻めるのではなく、卸売ビジネスを支援することから始めている。

単独の創業者でありCEOであるSam Oshay(サム・オシェイ)氏は、今回の夏バッチに参加する前に、ペンシルベニア大学でエンジニアリングとビジネスにまたがる2つの学位を取得して卒業した。同氏は、データ主導の意思決定を推進するために、機械学習を使用することで、ERP(基幹システム)に現代的なひねりを加えようとしている。

「SAP、Infor、Epicor(エピコ)といった他のERPとの違いは、ユーザーに対して彼らがまだ知らないことを伝えることができるということです」。従来のERPは、基本的にデータ入力システムに過ぎないと同氏。例えば、価格表は入力できるものの、それに対する予測については何もできない。

「Recurrencyのシステムなら、過去のデータをスキャンして、価格の推奨と予測が可能です。つまり、データ分析だけでなく、外部データをインポートして内部データと照合し、推奨と予測を行うERPなのです」とオシェイ氏は説明する。

同氏は、卸売ビジネス方面だけに閉じこもっているつもりはないが、彼の家族がこれまでその方面のビジネスを経営してきたという状況を考えると、そこを出発点としたことは理に適っている。実際、彼の祖父は第二次世界大戦後に米国に移住し、彼の伯父が現在も経営している金物の卸売業を始めた人物だ。そして彼の父親は、卸売業務に使う発送用品を販売するビジネスを始めた人物である。同氏はそうしたファミリービジネスの中で育った。そうした経験がほとんどの新卒者がおそらく持つことのない洞察を、彼に与えることになったのだろう。

「私は卸売業について、非常に深いレベルまで学びました。そして私が観察できたことは、私の父のビジネスに関わる問題の多くが、彼の使うERPシステムの問題に帰結するということでした。もし誰かが、ERPの拡張機能や、より優れたERPを構築できたなら、これらのレガシーシステムの中に現在閉じ込められている価値の多くを、解放できる可能性があると私は考えたのです」と同氏はいう。

そこで同氏は手始めとして、SAPやNetSuite(ネットスイート)などのレガシーシステムのプラグインとして機能するものを開発。将来的には、より良いERPを一度にワンステップずつ構築していくことを目標としている。また、いまのところ卸売を対象にしているが、彼は自身の会社ではるかに大きいビジョンを持っている。

オシェイ氏は、もともと大学3年生だった2019年秋学期にYCに応募し、その冬のバッチへの参加を許可されていたが、実際の参加は学業が完了する2020年夏まで延期していた。彼は早期卒業を目指すためにわペンシルベニア大学の残りの時間を全力で過ごし、修了に必要な10クラスを履修した。現在は卒業論文が1本残されているだけだ。

今回のYCバッチはリモートで実施されており、YCチームはそれを考慮に入れていて、それでも夏のクラスに対して有意義な体験を提供していると同氏。「YCの通常イベントのすべてが、現在でもそのままリモートで実施されています。そして私の知る限り、参加しているイベントのいくつかは、この奇妙な状況に対応するために特別にデザインされています。YCチームは今回のバッチを意味のあるものにするためにかなりの検討を重ねおり、それらは成功したと思います」と語る。

新型コロナウイルスのパンデミックは、アーリーステージのビジネスに新たな課題を突きつけた。しかし同氏は、パンデミックが集中力を高めるこもに役に立った点もあるという。友人と出かける代わりに、彼は在宅でほとんど気を散らすことなく会社に取り組んでいる。

ご想像のとおり、この製品はまだ開発が始まったばかりだが、すでに3つの顧客で利用されており、さらに2つが実装段階にある。また、これまでに2人とエンジニアを雇用して、それぞれフロントエンドとバックエンドを担当させている。

今のところ同氏は、製品とビジネスの開発を続けていく予定だが、今回のパンデミックがレガシーERPを変更することに対して、企業がよりオープンになるきっかけになると考えている。誰かが何か新しいことを試したいと思っているときに、それをより簡単に試すことができるなら、そここそが売り込める場所なのです」と同氏は語った。

画像クレジット:NicoElNino/Getty Images

原文へ

(翻訳:sako)