著名アカウントのハッキング対策中のTwitterの株価が時間外取引で4%近く下落

次の記事

PythonとJavaScript向けの新パフォーマンス監視ソフト「Performance Monitoring」

Twitter(ツイッター)の株が時間外取引で4%近く下落した。複数の有名人ユーザーのアカウントを乗っ取ったハッカーを追及している最中のことだ。

バラク・オバマ氏、イーロン・マスク氏、ジェフ・ベゾス氏、カニエ・ウェスト氏、ジョー・バイデン氏、ウォーレン・バフェット氏、アップルなど多くの著名アカウントが7月15日午後に侵入された。侵入されたアカウントからは、Bitcoin(ビットコイン)詐欺ベージに誘導するツイートが発信され、一定金額のビットコインをブロックチェーンアドレスに送るようフォロワーに指示を出している。

Twitterの広報担当者は問題を「調査中」であるとTechCrunchに伝えたが、すぐにはコメントを出さなかった。本稿執筆時点で、ハックされたツイートに関わるブロックチェーンアドレスには10万ドル(約1070万円)相当以上のビットコインが集まっている。

関連記事:著名Twitterアカウントが暗号通貨詐欺にハックされる、アップルやバイデン氏、マスク氏などに被害

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook