絶好調なのにNetflixの株価はなぜ10%も下がったのか

次の記事

神戸市が国内eスポーツ普及を推進、シニアの健康管理にも活用へ

米国時間7月16日の取引終了後にNetflixは、第2四半期の決算報告(未訳記事)を発表した。その数字(株主向けPDF文書)が出たあと同社は企業価値が急落し、本稿執筆時点の時間外取引では株価が10%下がった。

このところ絶好調のNetflixに何が起きたのか。同社の一般家庭市場の消費者たちの多くが家に閉じ込められている今は、成長を期待するのが当然ではないか。しかし同社は、投資家たちがこぞって歓喜するようなQ2の結果を出せなかったし、今後のパフォーマンスに関する予測も期待はずれだった。

下落の原因は両方ではなくどちらか1つだと思うが、Netflix自身は以下のように業績について説明している:

「Q2は61億5000万ドルの売上で、13億6000万ドルの営業利益と7億2000万ドルの純利益を生んだ。1株あたりでは、会社はこの3カ月で1.59ドルを稼いだ。」

Yahoo Financeのアナリスト平均によると、投資家は60億8000万ドルの売上と、1.81ドルの1株あたり利益を予想した。対してNetflixは売上ではわずかに上回り、利益では明確に差がついた。

同社はまた、顧客数の増加でも予想を上回り、CNBCによるとNetflixの新規の有料会員は1009万人で、予想の826万人を超えた。

関連記事:Ted Sarandos named co-CEO at Netflix(未訳記事)

数字をみると確かに悪い結果ではない。同社の株価の修正をもっと正しく理解するためには、同社がQ3について説明している以下の予測を読む必要がある:

「売上は63億3000万ドルで、営業利益12億5000万ドル、純利益9億5400万ドル。1株あたりでは2.09ドルを予想している。」

Q3の新規有料会員の予想は250万人。マーケットは第3四半期に対し63億9000万ドルの売上と2.00ドルの1株あたり利益を予想していたので、ここでもまたいい面も悪い面もある。しかし、新規有料会員の控えめな数字と売上の低成長が、ウォール街の気を削いだようだ。

そしてNetflixの成長が予想を下回るという空気が漂い、株価を押し下げた。同社の新規有料会員の予想は確かに控えめかもしれないが、投資家たちは疑わしきは罰せずではなく、本当に罰してしまった。

決算報告のシーズンが本番になったら、さらに検討しよう。

画像クレジット: Krisztian Bocsi/Bloomberg/Getty Images

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa