食品の未来に取り組むKFC、ロシアの3Dプリント肉から米国の人工肉まで

次の記事

FedExはロボットアームを使ってメンフィスの施設で荷物の仕分けを行う

KFC(ケンタッキーフライドチキン)は、食品の未来に関わる実験を果敢に進めている。その活動はロシアの企業である3D Bioprinting Solutions(3Dバイオプリンティング・ソリューションズ)とのパートナーシップによる鶏培養細胞の利用や、Beyond Fried Chicken(ビヨンド・フライド・チキン)のパイロットプロジェクトを南カリフォルニアに拡大するため、植物材料を利用した鶏肉の代替品を製造することまでをも含んでいる。

KFCの声明によれば(KFCサイト)、ロシアの3D Bioprintingには衣用の粉とスパイスを提供して、製造された肉がKFCの味にマッチするかどうかが試される。同社が言うように、現在市場では、動物細胞から複雑な製品を作成できる利用可能な方法は、他に存在しない。

「当初は医学の世界で広く認められた3Dバイオプリンティング技術が、現在では肉などの食品の生産で人気を集め始めています」と語るのは、3D Bioprinting Solutionsの共同創業者でありマネージングパートナーであるYusef Khesuani(ユセフ・ケスアニ)氏だ。「将来的には、このような技術の急速な発展により、3Dプリントされた肉製品をより身近なものにすることができるでしょう、私たちは、KFCとの協力の結果として生み出された技術が、細胞ベース肉製品の市場の登場を加速することを期待しています」。

画像クレジット:Beyond Meat

本拠地により近い米国では、KFCは最近実施されたBeyond Fried Chicken実験の拡大に際して、植物由来の人工肉業者である上場企業のBeyond Meat(ビヨンド・ミート)と協力している。

KFCは、アトランタ、ナッシュビル、シャーロットで広く成功した限定的なトライアルを継続し、ロサンゼルスのBeyond Meat本社近くの南カリフォルニアのより大きな市場に現在目を向けている。

KFCによれば米国時間7月20日以降、ロサンゼルス、オレンジカウンティ、サンディエゴ地域の50店舗で、在庫が なくなるまでBeyond Fried Chickenを販売する予定だ。

ロシアのパートナーが使用する3Dバイオプリンティングプロセスとは異なり、Beyond Meatは植物ベースの材料のみを使用して、人工鶏肉を製造している。

Beyond Fried Chickenは、昨年アトランタで初めて市場に登場し、今年の初めに南部のその他の地域でも販売された。同社によれば、このメニューは、最初はアトランタで1日限りのテスト販売が行われたが、5時間以内に完売したという。

「以前もお話したことですが、多くの類似品が登場したにも関わらず、ケンタッキーフライドチキンのフレーバーはBeyond Fried Chickenが登場するまで決して再現されることはなかったのです」というのは米国KFCの最高マーケティング責任者であるAndrea Zahumensky(アンドレア・ザフメンスキー)氏だ。「この製品が東海岸で好まれることはわかりました、そこで私たちは西海岸でどのような感想が出るかを知るために、限定的な先行販売で試してみることにしたのです」。

Beyond Fried Chickenナゲットは、6ピースまたは12ピースのアラカルトとして、またはサイドメニューとMサイズドリンクの付くセットの一部として、税別6.99ドル(約748円)から提供される。

一方、KFCのロシアプロジェクトは、実験室で作られた鶏肉による世界初のチキンナゲットを作ることを目標としており、今秋にはモスクワで発売する予定だ。

各種レポートによれば、実験室で培養された肉が普及することで、気候変動に大きな影響が及ぶ可能性がある。同社は、細胞から肉を作ることで、肉の生産に伴うエネルギー消費を半減させ、温室効果ガスの排出を減らしながら、土地利用を劇的に削減できる可能性を示す統計を引用している。

「人工肉製品は、私たちの『未来のレストラン』コンセプトの開発における次のステップなのです」と声明で語るのは、KFC Russia & CISのゼネラルマネージャーであるRaisa Polyakova(ライサ・ポリアコワ)氏だ。「鶏肉製品を製造するための、3Dバイオプリンティングテクノロジーのテストに対する私たちの実験は、迫り来る地球規模のいくつもの問題への対処にも役立ちます。私たちはその技術の開発に貢献できるこをうれしく思っていますし、ロシアの多くの人々、そして可能であれば世界中人々がそれを手に入れることができるように、取り組みを行っているのです」。
トップ画像クレジット: KFC

関連記事:ジャックフルーツで人工肉を作るシンガポール拠点のKaranaが1.8億円調達

カテゴリー:フードテック

タグ:ケンタッキー・フライドチキン 3Dプリント

原文へ

(翻訳:sako)