Jack Ma / ジャック・マー(人物)

ジャック・マー氏率いる大手フィンテックAntが香港と上海でIPO手続きを開始

次の記事

Netflixが共同CEOに最高コンテンツ責任者のテッド・サランドス氏を指名

Jack Ma(ジャック・マー)氏が率いるAnt Group(アント・グループ)が、市場が長年にわたって期待してきた動きをついに実現した。この金融サービスと決済の巨人は、中国時間7月20日に、香港証券取引所(HKSE)と上海証券取引所のナスダックスタイルのStart Market(スターマーケット)の両方で、株式公開のプロセスを開始したと発表した。

株式が公開されることで、アリババのeコマースネットワーク全体で使われるAlipay(アリペイ)を運営するAntは、いくつかのゴールに向かうことになる。1つは中国のサービス産業のデジタル化である、例えば、遠隔地にある家族経営の店舗が支払いサービスを利用できるようにする。また別のゴールは国内需要の喚起である。例えば、新型コロナウイルスパンデミックの最中に政府発行のクーポンを消費者に配ることができる。そして9カ国に展開するeウォレットパートナーを通した国際的な拡大や、新技術への投資に取り組むこともできる。

Ant GroupがHKSEとStar Marketを選択したのは、両都市がリスクの高いイノベーション主導型企業の資金調達へのアクセスを容易にしているために、中国のハイテク企業がより手近なところで取引を行うようになった流れに従ったためだ。習近平主席によって発表されたStart Marketは、中国を技術的に独立させたいという習主席の求め(Bloomberg記事)に応じて、2019年に開設された(未訳記事)。

「2つの市場は、世界の投資家が世界で最もダイナミックな経済から生まれる最先端テクノロジー企業にアクセスし、またそれらの企業が資本市場にさらにアクセスしやすくするための扉を開きました。私たちはこの発展の一翼を担うことができることに興奮しています」と声明で語るのはAnt Groupの会長を務めるEric Jing(エリック・ジン)氏だ。

ロイターの情報筋によれば、銀行家たちはAntを2000億ドル(約21兆4500億円)という驚異的な額で評価しているらしい(Reuters記事)。Antはその評価額についてのコメントは拒んだ。

同社は最近、自社製金融商品を縮小するために「Ant Group」の古いブランド「Ant Financial」の看板を下ろした。実際、Antの33%を保有するAlibabaからの最近の報告によれば、Antの2019年の収益の約半分が自身の金融商品ではなく、企業クライアントに提供した技術インフラストラクチャから得られた(未訳記事)ことが示されている。

現在、世界で13億人のユーザーを抱えていると主張するAlipay(未訳記事)は、単なる支払いアプリから、マイクロローンや保険などのサードパーティの金融商品への、オンラインゲートウェイとして拡大している。また、WeChat(ウィーチャット)がメッセンジャーからオールインワンサービスプラットフォームに成長したように、Alipayアプリもスターバックスメンバーシップや遠隔医療などの多数の日常的なサービスをサポートしている。

関連記事:ソフトバンクがアリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

カテゴリー:フィンテック

タグ:ジャック・マー Ant 香港

画像クレジット:Ant Financial via Weibo

原文へ
(翻訳:sako)