宇宙セクターへの投資は新型コロナの影響をあまり受けず堅調な兆しを見せる

次の記事

Googleマップがバイクシェアユーザーに借りるところ、返却する駐輪場を含む全行程のナビを表示

専門投資家のSpace Capitalからの最新の四半期レポートによれば、現在の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに起因する明らかな影響にもかかわらず、全体的にみれば宇宙スタートアップへの投資は予測されたほどは影響を受けなかったことが示されている。特に彼らが追跡している「アプリケーション」分野への関心が高まっている。これは宇宙での観測機器ならびに通信設備によって可能になるデータレイヤーを扱うソフトウェアを開発する企業たちが関わる分野だ。

Space Capitalの第2四半期のレポートでは、インフラストラクチャへの投資が第1四半期と比べて85%減少したと報告されている。実際、有名な衛星オペレーターであるOneWebの倒産と売却などをはじめとする、合併や倒産による撤退の事例も目にした。

レポートによれば、ソフトウェアレイヤーに対する良いニュースは、この四半期に関連企業に対して53億ドル(約5690億円)の投資が行われたことだ、この中には米国内での45億ドル(約4830億円)も含まれている。また、VCの資金調達額全体は、2020年上半期と2019年上半期を比べると、実際には前年比で4%増加している、と同社は指摘している。ただし第2四半期同士に比較では2019年に対して23%の減少となっている。

全体として、2020年の宇宙セクターは、これまでに112回のラウンドで株式ベースの投資が121億ドル(約1兆2980億円)に達している、またアーリーステージ企業へは67回のラウンドで合計3億300万ドル(約325億円)が投資されている。それらの多くがシードまたはシリーズAのラウンドだった。

Space Capitalによって追跡されるアプリケーションレイヤーには、基本的にそのソフトウェアがGPSとPNT(Positioning Navigating Timing system)ベースのナビゲーションに大きく依存している企業が含まれていることは指摘しておこう。例えばWaymo(ウェイモ)のような大企業は、自身の自動運転技術を活かすためにそうしたデータを必要としている。

GPSは間違いなく最大かつ最も成功した宇宙ベースのインフラ投資の1つであり、新しいビジネスの構築、およびレガシー産業の更新と破壊という側面で、かなりの成果を上げ続けている。宇宙へ向かう投資の多くがGPSの後継技術を求めている。必ずしも特定の機能というわけではなく、広く持続的な影響を持つ宇宙ベースの技術が求められているのだ。

Space Capitalからの完全なレポートは以下から読むことができる。

Scribdでこのドキュメントを表示する

画像クレジット:Aleksandar Georgiev / Getty Images

原文へ
(翻訳:sako)