集英社・少年ジャンプ編集部と新規事業開発部が「マンガテック2020」参加スタートアップを募集

次の記事

Plug and Play Japanが国内3拠点目を大阪府に開設、「スマートシティ」をテーマにスタートアップ募集

集英社・少年ジャンプ編集部と新規事業開発部は7月21日、新たなマンガビジネス創造を目指す「集英社スタートアップアクセラレータープログラムマンガテック2020」(マンガテック2020)において、スタートアップ企業の募集開始を発表した。募集期間は9月30日23時59分まで。

集英社 少年ジャンプ編集部 新規事業開発部 スタートアップ アクセラレータープログラム マンガテック2020

マンガテック2020は、多くのマンガ作品を送り出してきた集英社が、従来のマンガビジネスにとらわれない斬新な事業アイデアを持つスタートアップとともに、新たなビジネスを生み出すための共創プログラム。もっとマンガの可能性を拡げたい・変えてみたいという、マンガビジネス開拓に熱い想いとアイデアを持つ起業家・スタートアップを募集する。

1次選考(書類選考)、2次選考(選考面談)の実施後、通過者は3次選考「マンガテック選考会」に参加可能となる。同選考会では、アクセラレータープログラムの対象者(5者予定)を選定。メンターの協力のもと「少年ジャンプ」編集部と新規事業開発部が中心となり行う。

また、マンガテック選考会で選出された対象企業に対しては、メンターによる伴走型アドバイス、少年ジャンプ編集部と新規事業開発部の持つマンガビジネスノウハウ、チャネルなどの資産の提供を通じて、事業ステージを進める起業・経営支援を実施する。

アクセラレータープログラムの成果発表は、2021年3月下旬予定。詳細なスケジュールなどは専用サイトで順次公開する。

  • 募集テーマ: 「エンタメ業界を変革するような新規アイデア、ビジネス」。自由な発想で、これまでに思いつかなかった分野・アイデア・テクノロジーとマンガを組み合わせ、新たな価値を生み出せるもの
  • 募集対象: 従来のマンガ、パブリッシングビジネス領域をアップデートできる、常識にとらわれないビジネスへのチャレンジを志す起業家・スタートアップ、新規事業を計画中の起業志望者(個人)。国籍・年齢などは問わないが、同プログラムはすべて日本語で実施される
  • 応募方法: 専用サイトにおいて募集受付
  • 募集期間: 9月30日23時59分まで
  • 賞品・賞金: アクセラレータープログラムへの参加権。副賞として最優秀賞1者「100万円分の事業化支援金」、優秀賞1者「50万円分の事業化支援金」、入賞3者「10万円分の事業化支援金」を用意

少年ジャンプ編集部では、マンガ・キャラクターに関する新しいアプリ・Webサービスの開発案募集について、2017年4月より「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」として実施。これまでの入賞企画は、電子コミックマッピングサービス「マワシヨミジャンプ」、マンガアプリ「瞬刊少年ジャンプ」として配信を行った実績がある。

そうした中で、アプリ開発だけではない、新しいマンガビジネスの可能性を感じるようになったという。従来出版ビジネスの範囲では出会えなかったスタートアップや個人から、マンガ、キャラクター、パブリッシング分野に関連するイノベーティブな事業アイデアを広く募集し、共に新たなマンガビジネスを創出、発展させたいとしている。

関連記事:
マンガへの危機感から「少年ジャンプ」が3期目アプリコンテストにかける思い
ブロックチェーンサービスのGaudiyとマンガアプリのコミックスマートがイーサリアム基盤の電子書籍事業を推進

カテゴリー:ネットサービス

タグ:集英社 マンガ アクセラレータープログラム