MLB開幕直前、米Fox Sportsが直感的に気になる情報がわかる複数カメラアングルに対応したアプリを公開

次の記事

テクノロジー業界の監視団体がフェイスブックの無力な監督委員会に辞めろと訴える

スポーツの世界は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による中止や延期からゆっくりと復活しつつあり、MLBは米国時間7月23日に開幕する予定だ。そんな中、米国時間7月20日にFox Sportsが再設計されたスポーツアプリのAndroid版とiOS版をリリースした。新しいアプリ、そして同時に公開されたウェブサイトはこれまでよりモダンなインターフェイスになり、ケーブルテレビの契約をしていればライブ中継にアクセスでき、複数のカメラアングルで試合の貴重な映像を観ることができる。

Fox Sportsのデジタル担当責任者であるDavid Katz(デビッド・カッツ)氏は、スポーツアプリはスマートフォンの登場以降あまり進化していなかったため、Fox Sportsは観たいコンテンツを簡単に見つけられるすっきりとしたデザインにしてその状況を変えようとしていたと語る。

「我々が目指したのは、一歩引いていうなら今、世界がどこにあるかについて我々が知っていることのすべて、スポーツアプリとウェブサイトに欠けているものについて我々が考えることのすべて、そうしたことを考え直し、これまでよりもずっとモダンでありながらも、人々がどうしていいかわからないからと逃げ出すことのないアプローチを構築することだった」とカッツ氏は説明する。

その一環がビジュアルで、要約の付いた大きな写真が並び、簡単にスワイプしてざっと読むことができる。出会い系アプリやソーシャルアプリのようなエクスペリエンスであり、ウェブサイトのビジュアル要素も同じように構築されている。その日のスポーツニュースのハイライトを捉えたストーリーを毎日提供することが目的だ。

カッツ氏は「ユーザーがコンテンツを消費し、好きなことや好きでないことを見て素早く操作できる、極めて直感的な方法だ。好きなことがあったら上へスワイプするか、または写真の中ほどでも下の方でも、あるいは見出しでもどこかをタップすれば、ストーリーが表示される」と述べた。

ユーザーが期待する通り、アプリにはスコアや試合中の情報、最新のギャンブルのオッズ、注目の対戦などファンの気になる情報が表示される。ケーブルテレビの契約をしているユーザーは、試合の放送へのリンクをクリックし、ケーブルテレビの契約情報でサインインできる。そこからテレビと同様に試合を見たり、例えばボーナスのカメラアングルで試合中ずっと1人のプレーヤーを追いかけたりベンチの様子を楽しんだりすることができる。

「放送局は多くのカメラアングルで撮影している。もちろん我々は放送をしているが、他のカメラでも撮影し、情報を提供し、ビデオコンテンツを同時に表示している」とカッツ氏はいう。別のカメラの映像を公開すれば、違う見方をしたいファンは通常の放送では見られない様子が見られる。

新しいアプリはiOSとAndroidのアプリストアで入手できる(日本ではUS版は非公開)。新しいウェブサイトもすでに公開されている。

関連記事:野球データ分析・チーム強化の「キューステ!」がミズノMA-Q連携の投球データ・映像分析機能を開発

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Fox スポーツ

画像クレジット:Fox Sports

原文へ
(翻訳:Kaori Koyama)