ニールセンがデジタルメディアの視聴率計測方法を刷新

次の記事

細胞培養で作られた研究室育ちの豚バラとベーコンをHigher Steaksが初公開

視聴率を測定する企業のNielsen(ニールセン)が米国時間7月21日、同社のデジタル製品の手法を変更する予定であると発表した。それらのプロダクトはDigital Content Ratings、Total Content Ratings、Digital in TV Ratings、Digital Ad Ratings、そしてTotal Ad Ratingsなどとなる。

同社の計画では、2021年から段階的に新しい方法の展開していく。詳細の発表はないが、規制やプラットフォームの変化、そしてユーザーのプライバシーやデータの収集をめぐる変化に対応することを目標としている(例えばサードパーティのクッキーをブロックするブラウザーが増えていることなどだ)。

COOのKarthik Rao(カーティック・ラオ)氏は、「今後、いや現在でさえも、データの入手はますます難しくなっている。人材とスキルと技術が必要であり、適正なクラウドパートナーと提携しなければならない」と語る。

ラオ氏によると、Nielsenがユニークなのはこのような新しいプライバシーを重視する世界に元々適合していることだ。その理由の一部は、同社がデータを消費者パネルから集めるという歴史的なルーツにある。これは「プライバシーを最も遵守する方法」であり、視聴者と消費者の行動の「最も確かな理解」が得られるという。

「メディアの行動を理解する能力で、うちの右に出るものはない」と同氏はいう。

ラオ氏によると、Nielsenの新しい方法はデータとデータモデルの移植性と、オーディエンスの重複防止に力を入れている。複数のプラットフォーム上に同じ人がいても、それを誤ってカウントしてしまうことはないと付け加えた。

「業界では重複の排除は極めて重要なことです。目が覚めるとそれについて考えている。昔から存在しているが、今回の進化でもそしてこれから先の未来においても極めて重要なことです」。

関連記事:ストリーミングが米TV視聴の2割に近づいたとニールセンが発表

カテゴリー:その他

タグ:メディア ニールセン

画像クレジット:Robert Daly / Getty Images

原文へ
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa