アマゾンが米国でのプライムデーの遅れを認める、インドでは8月に開催すると発表

次の記事

不適切なコンテンツを理由にパキスタンがTikTokに「最後の警告」

Amazon(アマゾン)の年に一度の大型セールイベント、プライムデーはこれまで世界中で開催されてきた。規模が大きく、アマゾンの販売サイトが落ちることもしばしばだった。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大によって、アマゾンの計画は混乱している。米国時間7月20日、アマゾンは米国でのプライムデーの開催が2020年内のいずれかの時点まで遅れるという報道を正式に認めた。また、インドでは8月6日〜7日にプライムデーを開催する。

プライムデーの対象となっているすべての市場で同一日程の開催にならないのは、今年が初めてだ。アマゾンはプライムデーの対象を米国以外にも年々広げてきた。

プライムデーは米国、英国、スペイン、シンガポール、オランダ、メキシコ、ルクセンブルク、日本、イタリア、インド、ドイツ、フランス、中国、カナダ、ベルギー、オーストリア、オーストラリアで開催され、2019年には新たにアラブ首長国連邦が加わった。

プライムデーの開催が遅れていることはすでに明らかだ。2019年のイベントは7月15日〜17日で、それ以前も同じ時期に開催されていた。

新型コロナウイルス感染拡大によってアマゾンの関心がシフトしたのは、驚くようなことではない。売り上げが低迷する夏にスペシャルイベントを開催してテコ入れする必要はなくなった。米国政府がロックダウンを実施したことでオンラインの注文が殺到し、当初は家庭用品や医療用品など注文の多い商品の需要に応えるために一部の商品の発送を制限せざるを得なかった(未訳記事)。またアマゾンは4月30日に、需要の増加に対応するためにフルフィルメントと配送ネットワークの業務にあたる従業員を新たに17万5000人以上雇用した(Amazonブログ)と発表していた。

パンデミックの影響でeコマース市場全体が急成長している。eMarketerによると、eコマースの売上は2020年は18%増えて7097億8000万ドル(約76兆174億円)に達し、米国の小売全体の14.5%を占める見込みだという。アマゾンは2020年に市場シェアを38%にまで伸ばすとeMarketerは予測している。

つまりアマゾンは今年、プライムデーを開催する必要がないのだ。順調にやっています、ありがとうございます。

プライムデーの遅れに関するニュースは、ここ数カ月間繰り返されてきた。

4月にはロイターが、プライムデーは新型コロナウイルスの影響で早くても8月になるだろうと報じた。7月にはCNBCが、プライムデーは10月に延期されると伝えた。

アマゾンは米国のプライムデーを今年も開催する意向であるとしているが、時期は明らかにしていない。また米国以外の市場でこれまでのように米国と同時に開催するかどうか、あるいはインドのようにそれぞれの市場で独自にプライムデーを開催するかどうかも発表していない。

インドのプライムデーは8月6日午前0時に開始し、8月7日まで開催される。エンターテインメントも含めた特別なサービスや割引を提供するとアマゾンは述べている。

アマゾンの広報は日程に関する発表の中で「過去5年間以上にわたってプライムデーは特別なお祝いで、プライム会員にとっては自分自身や友達、家族のために驚くほどお得に買い物ができる期間となった。我々も毎年楽しみにしていた」と述べた。そして「今年のプライムデーは従業員の安全を確保しお客様と販売パートナーを支援しながら、例年よりも遅く開催する。インドのプライム会員には8月6日〜7日にセールを実施し、世界中のプライム会員に対しても年内にプライムデーを開催することを楽しみにしている。詳しくは近々お知らせしたいと思っている」と付け加えた。

画像クレジット:Smith Collection/Gado / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)