米国立科学財団が量子コンピュータ研究に約80億円を助成へ

次の記事

サムスンの折り畳みスマホGalaxy Z Flipの5G版は8月7日発売

量子サイエンスは実用化に向けて最近スタートを切ったばかりだが、すでに理論と応用の両面でいくつかの重要な達成が報告されている。もちろん基礎研究がきわめて重要であることに変わりはない。この観点からNSF(米国立科学財団)は量子サイエンスの進歩のために7500万ドル(80億円)の資金を3つのグループに投じることを決定(NSFプレスリリース)した。

NSFのSethuraman Panchanathan(セトラマン・パンチャナタン)理事長はプレスリリースで「NSFは量子サイエンスの発展のために組織されたコミュニティ、QLCI(Quantum Leap Challenge Institutes)を通じて資金を提供する。向こう5年間でこのコミュニティのメンバーはNSLを量子革命の時代に導くような明確な成果を挙げるものと確信している」と述べた。

資金提供は2500万ドル(約27億円)ずつに分割されるが、対象は個別組織ではなく多数の研究機関からなるコミュニティだ。これには16の大学、8つの国立研究所、22のパートナー組織が含まれている。

3口の資金援助はすべて量子サイエンスの理論、実用面での進歩の促進を目的とするが、それぞれ別個テーマを追求している。

  • 相関的量子状態によるセンサー及び情報利用研究機関(Institute for Enhanced Sensing and Distribution Using Correlated Quantum States)は量子サイエンスを利用して現在よりはるかに進歩したセンサーを開発し、科学のあらゆる基礎分野に貢献することを目標としている。コロラド大学がリーダーとなる。
  • ハイブリッド量子アーキテクチャ及びネットワーク研究機関(Institute for Hybrid Quantum Architectures and Networks)は比較的小数の量子ビット数の量子プロセッサをネットワーク化することにより新しい量子コンピュータを設計し実用化することをテーマとする。 イリノイ大学アーバナ・シャンペン校がリーダーとなる。
  • 現在および将来の量子コンピューティング研究機関(Institute for Present and Future Quantum Computing)は大規模かつ誤り耐性の高い現在よりさらに進歩した量子コンピューティングの実現を目指す。量子コンピュータの可能性に対して根強く向けられている疑念を一掃し、根本的な優秀性を実証するような新たなパラダイムの確立が目的9だ。 カリフォルニア大学バークレー校がリーダーとなる。

これらの組織は、基礎的研究の常として、科学を進歩させると同時に学部生、大学院生を研究者として育成できるような資金が確保できる活発な研究分野とすることを.望んでいる。

NSFは、これ以外にも量子コンピューティング分野における研究に対して小規模なプロジェクトであっても助成を行っている

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook