川崎重工などが採用の倉庫用ロボを開発するDexterityが約60億円を調達

次の記事

楽天がWeWorkとの契約を更新しないことが明らかに

Dexterityは今週ステルスを脱し、複数のロボットがコラボレーションするシステムを作るための、フルスタックのソリューションを発表した。ハードウェアとソフトウェアから構成されるそのシステムは、大箱からの個別製品の取り出し(ピッキング)や、その逆の荷詰め(パッキング)など、主に倉庫の荷受け配送部門やロジスティクスで必要になるさまざまなタスクをこなす。

ベイエリアに拠点を置く同社は多くの投資家から積極的に支持されており、これまで5620万ドル(約60億円)を調達した。投資家としては、Kleiner Perkins、Lightspeed Venture Partners、Obvious Ventures、Pacific West Bank、B37 Ventures、Presidio(Sumitomo)Ventures、Blackhorn Ventures、Liquid 2 Ventures、そしてStanford StartXなどが名を連ねる。
同社は2017年に、CEOであるSamir Menon(サミル・メノン)氏のスタンフォード大学の卒論の延長とし創業した。同社の説明では「メノン氏は、人間の脳が体をコントロールし調整するときの、コントロールの仕組みを研究し、その研究をベースに、人間のスキルを、ロボットを人間のように優雅に制御する数学的プログラムへ蒸留するためのモデルを作った」という。

同社の魅力の1つは、人間と並走・協調して動作するように設計されたロボットの汎用性にあるようだ。このシステムをいち早く採用したのは、「世界的な食品メーカー」や「世界的な宅配業者」、そして日本の川崎重工業である。

Dexterityによると、新型コロナウイルスのパンデミックによる必須サービスの需要増も業績アップに貢献した。ロボットやオートメーションの企業は、どこもそんな傾向だったようだ。例えば同社のシステムは「50万個のパッケージ食品」の出荷業務に関与した。

画像クレジット: Dexterity

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa