衝突も検知するプレミアム電動自転車開発のCowboyが約28億円を調達

次の記事

テスラの蓄電事業は小規模ながらQ2に着実な伸び

Cowboy(カウボーイ)は、Exor Seeds、HCV、Isomer Capital、Future Positive Capital、Index VenturesからシリーズBラウンドで2300万ユーロ(約29億円)を調達した。このスタートアップはプレミアム電動自転車を製造し、ヨーロッパの消費者に直接販売している。

同社は最近、フラッグシップ電動自転車の第3世代モデルを発表したが、これは既存製品の改良にとどまっている。製品は三角形のアルミフレームに、円筒形のライトが組み込まれているのが特徴だ。

車体はシンプルさを重視し、モーターアシストを制御するギアやボタンは搭載されない。ペダルをこぎ始めると、モーターが自動的に作動する。主要な特徴は、カーボンベルト、パンク防止層を備えたカスタムタイヤ、取り外し可能なバッテリーだ。

さらに同製品はコネクテッドバイクに相当し、自転車を使っていないときには車体をロックできる。同社は現在、Bluetooth Low Energyを利用してスマートフォンを検知したときの自動アンロック機能をテストしている。さらに加速度計や自転車の速度、ペダルの踏力からのデータを組み合わせることで衝突を自動的に検知し、緊急連絡先を知らせることもできる。

Cowboyは自転車のデザインだけでなく、サービスも提供する。同社は修理パートナーのネットワークを構築し、潜在的な顧客に試乗体験を提供している。これは現在、ヨーロッパの数十都市で利用できる。

同社はQoverとの提携により、保険商品も提供している。盗難保険に加入していれば、月額8ユーロ(約1000円)で誰かが自転車を盗もうとしているときにリアルタイムで通知を受け取ることができる。月額10ユーロ(約1200円)なら、損害保険にも加入できる。

本日の資金調達ラウンドで、同社は今後6カ月間に30人以上を雇用しつつ試乗会のネットワークを拡大し、Flexにより生産オペレーションをスケールアップする計画だ。

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter